お金がないときは借りてしまえ!借金するといいことがあるパターン!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


お金がない時に借金をするのは悪いこと…。

これは私達一般市民にとって常識となっている価値観のひとつである。

しかし実はお金が無いときほど借金をしたほうがいい、と考える理論も存在するようだ・

いったいどういうことなのか?少し考えてみよう。




■お金は使わないと増えない

お金は使わないと増えない、ともいわれている。

つまりこれは商人における哲学のようだ。

ものを買わないと商品がないため、増えていかない‥という思考のようである。

これは確かに納得できる部分だが、一般市民が活用するのは難しいのではないか?

さらに掘り下げてみよう。


■一般市民に欠けているもの

一般市民に欠けているものとしてよく表現されるのが「計画性」だ。

計画性と行っても旅行にいく時のような計画性ではない。

どちらかというと、利益を上げるための計画性だ。

利益にたいする考え方が生真面目なため、一般市民=いい人はなかなか儲からないようにできているらしい。

なるほど、100円のものと仕入れて200円で売るのが商売ならば、その100円分の知恵は言い方によっては“悪知恵”と置き換えて良いのかもしれない。




■悪知恵を手に入れたら。

悪知恵と少しのお金があれば、コツコツはたらくよりどうも金を手に入れやすいようだ。

つまり逆を言うと、悪知恵によってプランをひねり出してしまえば、あとはどこからか元での金を調達してくればいい。

たったそれだけだ毎日の生活がおどろくほど楽になるかもしれない。

このことにいつ気づくのか、今でしょといったところだ。


■結論:金が無いときほど頭を使い、借金をしろ

お金というものは、お金を持っている人のところに集まる傾向があるようだ。

つまり、お金がないときほど一生懸命に頭を使い、借金をしたほうが良いようにも思えてくる。

そう、ギャンブルでもなんでも良いのだ、お金が増えるのであれば。

裕福になりたければ100%お金が増える自分のお金ルールを見つけ出し、借金してしまうのがいいのかもしれない。




■おわりに

いかがだっただろうか。

今回はお金がないときは借りてしまえ!といった点についてまとめてみた。

ぜひ参考にしていただきたい。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】