古代に核戦争があったとかなかったとか、君は信じるだろうか!



お気に入り


古代文明大好きマニアの中で取り上げられてることの多い”古代核戦争”。

これは一体どういうものなのだろうか?

誰が発案し、このような形になってしまったのか?

しかし、ある程度ロマンを感じざるを得ない点を考えるとリアルさもあるのかもしれない!




■人間は一度滅びている?

古代文明マニアにとっては、人類は一度滅びている・・・といった解釈は有名だ。

と、いうのも、古代の聖書などを紐解くと、昔の人類の寿命は300年とかあったらしい。

しかし、核戦争によって一旦滅びた人類の寿命は、急激に短くなってしまったのだそうだ。

とても信じられない話だが、信じたくなる話でもある。


■多くのオーパーツ

世界には多くのオーパーツとよばれるものがある。

有名なものであれば、卑弥呼の地球儀だ。

当時の世界は天動説が有名だったはずなのに、なぜか地球儀を持っていたとも言われている。

ふしぎだ・・・実にふしぎとしか言いようがない。

何が怒っているというのだろうか。




■古代の暗号的なもの。

暗号的なものの代表、ヴォイニッチ手稿。

誰が何のために描いたかわからない謎の本に関心がたかまっているようだ。

この中に描かれた絵が暗号的で、興味をひきつけてやまないのだという。

一体これは古代からのメッセージだというのだろうか?


■ノアの方舟は実在する?

と、なってくると気になるのはノアの方舟と大洪水だ。

これは実際にあったのだろろうか。

ノアの方舟がもし古代文明のスーパーテクノロジーで、宇宙船のようなものだったとしたらどうだろう?

ロマンを感じる方もきっと少なくないのではないだろうか。

ノアはこういったロマンをつなごうとしてくれたのかもしれない。




■おわりに

いかがだったろうか?

今回は古代文明に関してリサーチしてみた。

ぜひ参考にしてみて頂きたい。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】