数いるオカマの中でフリーザを超えるオカマは出てこないだろう。なぜなら…



お気に入り


数いるオカマの中でフリーザを超えるオカマは出てこないだろうと考えられます。

それは一体何故でしょうか。

この圧倒的なまでのインパクトについて考察していこうと思います。




■日本の国民的オカマに成り上がったこと

オカマキャラと言って最初に思い浮かぶのがフリーザではないでしょうか。

バトルマンガというジャンルを通して、日本の読者層に「オカマ=フリーザ」という固定観念を植えつけたことがフリーザがオカマの中で最も認知度が高い由縁だと考えられます。

固定観念が浸透してしまえばそれ以降に登場するオカマキャラは「フリーザっぽい口調だな」と思われてしまうわけです。

そういった意味で、最初にやってしまった鳥山明先生の時代を見通す目は素晴らしかったといえるでしょう。


■あくまでボス級として活躍したこと

あくまでボス級として活躍したことも、フリーザの強みのひとつに挙げられますね。

この辺りに関してもかなり賛否がわかれるところですけど、ボスクラスで登場したキャラの中ではかなりのインパクトを持っていることは間違いありません。

対抗出来るのはワンピースのオカマ王・イワンコフくらいですかね。

あれはかなりヒーハーな特徴を持っていますから、オカマ=イワンコフという定義が定着してくる可能性もあるのかも。

これから先のゴールデンフリーザに期待です。




■最後まで悟空を追い詰めた

逆にドラゴンボールの他のボスキャラと比較してみましょう。

他のボスキャラでいうと、ベジータ、セル、ブウなどがいますよね。

ベジータはもはや今となっては親友となっており、セルやブウの人気はフリーザに劣ると思われます。

本来であればあとに出てきたキャラのほうがその強さに魅了されやすいのが普通のはず。

それでも人気を保っているフリーザはやはりすごい!といえます。


■残念なのは不自然なパワーインフレ

フリーザに関して残念だったのは、セル編で地球に訪れた際には超サイヤ人トランクスまで現れて瞬殺されてしまったこと。

超サイヤ人のバーゲンセールにすらついていけなくなってしまったことです。

ゴールデンフリーザに関してはある程度強くなって帰ってきましたけど、今度は不自然なまでのパワーアップぶり。

一体何があったのか?といったレベルになってしています。

パワーインフレのバランスさえなんとかなれば、ドラゴンボールはもっと名作になったような気がしますね。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は最強のオカマであるフリーザ様について考察してみました。

さすがのフリーザに対抗できるキャラは今のところイワンコフくらいしかいなさそうです。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】