やってらんねー!バイトをやめるポイント4選!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


バイトを続けていて「やってらんねー!」と感じたことはありませんか?

クソ上司に偉そうな客…「おれはアイツらの奴隷じゃねー!」という声が聞こえてきそうです。

そこで今回はバイトをやめるポイント4選をまとめていきます。




■事前に手を打っとけ!

バイトを辞めると言ったらだいたい引き止めてくるケースが多いです。

その場合考えられるカウンターを用意しておきましょう。

カウンターを打つためには相手の攻撃を予想しておく必要があります。

相手の引き止め方は既にパターン化されているので安心です。


■相手の引き止めパターン

相手の引き止めパターンは以下になります。

・次のバイト決まってからにしろ の先延ばし系
・こんないい仕事はない の完全引き止め系
・今のまま転職してもまた同じことを繰り返す の説教系

くらいですかね。

全部このあたりにはカウンターを用意しとくと良いです。




■簡単なカウンター!

次のバイトは決まっていることにすればいいです。

テンプレートはこれ。

「知り合いが経営している喫茶店から“いつからでも良いから働いてくれ、時給は今よりだすよww”って言われてるんです。そっちのほうがお金としても楽しさ、働きがいすべて今よりよくなるので辞めます。」

このテンプレートをぶち込めば、上記の引き止めパターンの全てを攻略できます。

ここまでいくと、最後は相手も「泣き落とし」しかすることができなくなります。


■相手が泣き落としてきたら?

相手が「やめちゃったら困るんだよ、どうかお願いします」と頭を下げてきたらあとは楽勝です。

「今よりも時給が上がるなら考えてもいいですけど‥」と時給をあげてもらうなり、それでも割にあわなければやめてもいいですし、全ては自分の思い通りになります。

重要なのは「相手より上の立場を作ること」ですね。

相手より上の立場を作ってしまえば楽勝で交渉が成立しやすくなってきます。

このあたりをしっかりと抑えておきましょう!




■おわりに

いかがでしたか?

今回はバイトをやめる楽勝テクニックをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】