ピッコロの歩んだ道のりを振り返ってみる



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


ドラゴンボールの中ではかなり前半に登場しながらも、一定の強さを保ちつつ後半にまで活躍の幅を広げていったピッコロ大魔王。

そこで今回は、ピッコロの歩んだ道のりを振り返っていこうと思います。

彼の歴史と強さの秘密を振り返っていけば、見えなかった何かがみえてくるかもしれません。




■ ピッコロ大魔王

身長250cm、体重200kgとされている超巨漢であるピッコロ大魔王。

まさに魔王の名に相応しいキャラクターであり、正義や平和を気楽傾向にあります。

彼の望みは「恐怖による世界征服」ではなく、「無秩序状態」であることから、他の世界征服系の悪よりもタチが悪いと考えられます、。

このピッコロ大魔王は悟空と戦い一度「死去」してしまっていうますが、死の際に産んだ卵から孵化した存在がマジュニアとなり、新しい世代へとその存在を繋いでいくことになります。


■マジュニア

身長226cm、体重116kgとされているマジュニア。

ゴだとんボールの中でもかなりの急成長を遂げたキャラのひとりでもあります。

悟空と戦って敗れたピッコロ大魔王の生まれ変わり…といったポジションではありますが、後に「ピッコロ」と呼ばれるようになるのも特徴のひとつ。

マジュニアは姿を隠すために使ったピッコロの偽名のひとつであるということがわかりますね。

この頃から徐々に悟空に協力的になるところがあったりします。




■ネイルや神と融合したピッコロ(神コロ)

ナメック星人の潜在能力の高さを表すのがこのあたり。

フリーザ編ではネイルとの融合を果たし、人造人間編では神との融合を行うことによって、なんと超サイヤ人を上回るほどのパワーを身につけたともされています。

ネイルや神と融合したピッコロの強さはまさに破壊力抜群でしたね。

また、強さ以外でも大魔王の時の記憶や神の記憶などを膨大にストックしているところも頼れるポイントといえます。


■最もシャイである。

鳥山明先生によると登場キャラクターの中で、一番シャイなキャラクターがピッコロなんだそうです。

最初は大魔王として登場し、それからマジュニアに変化。そしてネイルや神と融合して超サイヤ人を凌駕するレベルにまで到達したにしても、性格部分に関してはなかなか成長出来ないところがあるのかもしれませんね。

ナメック星人特有の高い再生能力を活かした戦闘方法はかなり活用の幅が広く、様々な場面で登場し、自己再生を行っていたりもします。

このあたりの能力があるのも、まさにナメック星人の血のおかげといえるでしょうが、人間との間に子供が生まれているような描写はなく、マジュニアジュニアが見れないのは少し残念です。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はピッコロについてまとめていきました。

ぜひ参考にしてくださいね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】