銃士隊とイヌアラシ、侠客団とネコマムシかっこいいぜよ!



ゾウを守っているミンク族たちの構成がだんだんと明らかになってきましたね。

そこで今回は新たにその構成についてしっかりとおさらいしていこうと思います。

ジャック達によって滅ぼされてしまったゾウですが、これから再度復興してほしいものです。




■夜の組織

夜の組織はネコマムシの旦那を筆頭に侠客団(ガーディアンズ)で構成されています。

今のところ判明しているのは、ロディ、ペドロ、BB(ブラック・バック)あたりですね。

いかにも任侠といった感じでカッコいいです。

強きを挫き、弱気を助けることをいった点を主体とするのが任侠の由来だそうです。


■昼の組織

昼の組織はイヌアラシ公爵が筆頭です。

そしてその下に銃士隊が存在しています。

また、銃士隊のリーダーには全力のシシリアンを含めた三銃士が君臨。

一般のミンク族からも「かっこいい」と慕われているようです。

また、町の者たちも戦闘に参加できるレベルです。




■ジャック軍団

ついでにジャック軍団も確認しておきます。

旱害のジャックがこの面々のリーダーですね。

そして、その下にシープスヘッドがいるものと思われます。

さらにその下に軍団としてプレジャーズ、ギフターズが存在。

人工悪魔の実の能力もお披露目になりましたね。


■さてこれからどーなる?!

今はゾウがどのようにして滅びたのか?といった点について主に語られています。

これがこれからどのように変化していくのか?と言った部分がみどころですね。

まだまだ不明な点が多いゾウ編ですけど、サンジの行方なども今回の一件に関係していることでしょう。

次にサンジに会った時に、そのあたりも詳しいところが明かされるのかもしれません。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はゾウを守っているミンク族たちの構成を中心に特集しました。

まだまだ新キャラが登場しそうで楽しみですね!