ハイキュー、及川徹が「非天才」の殻をブチ破った理由とは?



お気に入り


青葉城西の「大王様」こと及川徹は天才ではないことで有名。

そんな及川徹は一体どのようにして「バケモン」と恐れられるほどの実力を身につけたのでしょうか。

そして、これからはどんな道を歩んでいくことになるのでしょうか。

これまでの名シーンを中心にまとめてみました。




■初登場時の状況。

初登場は烏野との練習試合で、セッターを務めていた矢巾と交代し出場。

最初は女子がキャーキャーと感性をあげていたりするところから、単なるイケメン枠かとおもいきや、その実力としてはかなりのものでした。

そして、彼は超攻撃なセッターであり、攻撃もチームではトップクラスであることも判明。

また、補足として性格も悪いのだとか。


■殺人サーブが強烈!

これまでの状況から一転して、初めてのサーブを披露した際には、殺人サーブとして炸裂しました。

まだ2巻なのにも関わらず、強大すぎる壁として登場した及川徹。

ここまでの能力を持つ及川徹ですが、これが天才ではないというのはどういうことでしょうか。

彼の軌跡を辿ってみましょう。




■下手くそすぎた幼少期。

バレーを始めたのは小学校の頃ですが、下手すぎて見ていられない状態でした。

しかし、当時から前向きな性格は持っていたようで、うまくなりたい一心で努力してきたのではないでしょうか。

その努力が実って、中学はバレーボールの強豪である北川第一中学に入学することに。

このあたりではもうメキメキ強くなってきていることがわかりますね。


■ライバルの登場。

及川徹には何人かのライバルがいます。

圧倒的に努力を積み重ねてここまで来た自分に対し、才能で対抗してくるウシワカ。

また、3年になった時に影山が1年制として入部。

影山も天才であるところを見出し、焦り、ライバル心を抱いていきます。

そして、何度も自信を喪失しながら復活を遂げるのです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は及川徹の成長の軌跡を追ってみました。

彼が目指してきたバレーボールは努力の結晶。

血の滲むような努力が未来を開拓する、ひとつの名キャラなのかもしれませんね。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】