キメラアントは何者?ジャイロとドンと死の女王!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


ハンターハンターの中でも多くの謎を抱えているキメラアント。

その種族の強さは他の漫画でも類を見ないほどのものがあります。

そこで今回はハンターハンターのキメラアントについて調べてみました。




■キメラアント女王の足跡

まず、キメラアントは外来種であり、暗黒大陸の出身であると言われています。

また、大怪我を負った状態で、ミテネれんぽう付近の海岸に流れついたのだとか。

そして、ミテネ連邦のNGL自治区に滞在。

女王のキメラアントと、NGLが何を計画していたのかは不明なママとされていますが、NGLの様相部は全員殺されたorキメラアントそんものに変えられたとされています。

キメラアントの女王も、特殊な能力を持っていることが伺えますね。


■通常のキメラアントとは違うということ

通常のキメラアントの女王はなんと10センチ程度といわれており、極小。

しかし、流れ着いた女王は2メートルもの巨体を持っているとのことです。

そして、キメラアントの恐ろしいところは、食した生物の特徴を次世代に反映することが出来るとのこと。

この特色が強さの秘訣であるといえるでしょう。




■暗黒大陸に行く人間を食べたことがひとつの要因

暗黒大陸には本来人類は存在しないはずですが、キメラアントに人間の血がまざっている…という流れがあるようです。

そして、現時点で暗黒大陸にいる人類では、ドン・フリークスが代表されますが、もしかして彼が何かのはずみで食べられてしまったのでしょうか。

キメラアントより強い能力を持っていると思うので、死亡しているということはあり得ないはずですが…。


■NGLによる遺伝子交配か?

NGLの背後にはジャイロという人物が存在しており、キメラアント化された人間の中で、唯一そのコントロールに抗うことが出来た人間であるとサれています。

それはまさに悪魔の塊ともいえるレベルにアタッしており、むしろキメラアントを使用して全世界に恐怖を与えようとしたのかもしれません。

しかし、その計画に失敗して、逆に食べられているという顛末…。

ジャイロはかなり詳しく解説されたのにもかかわらず、まだ本編に登場していないことから、まだまだ闇が深いことがわかります。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はキメラアントの女王について調べてみました。

まだまだ不思議な点が多く残るキメラアント。

これからの展開がますます楽しみですね!
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】