るろうに剣心の左之助って噛ませ犬だよな?www



お気に入り


るろうに剣心シリーズにおける左之助が噛ませ犬だと、誰もが思っても口にはしない。

不思議な魅力を持っているのだ。

では、左之助の魅力とは何だろうか?

今回はそのあたりに迫ってみるとしよう。




■二重の極みぃww

左之助といえばやはり二重の極みだろう。

その攻撃方法は誰もが真似したに違いない。

左之助だからこそ出来る。左之助にしか出来ないそんな技だ。

これを真似せずに何を真似しろというのだろうか。

せっかくだから明日から二重の極みを練習するべきだと思う。


■意外に熱い。

彼の性格はかなり熱い性格をしている。

それによって、誰もが左之助に感情移入するのだ。

よく考えて見ればるろうに剣心の主人公である剣心はクールなキャラ。

熱いキャラは周囲にしか居ないため、メラメラ係はやはり左之助になるのだろう。




■言ってしまおうか。

よし、勇気を出して言ってしまおう。

そう、左之助は噛ませ犬だ。

噛ませ犬以上でも、噛ませ犬以下でもない。

噛ませ犬の、噛ませ犬による、噛ませ犬のための噛ませ犬だと断言しておこう。

これはあくまで著者の一意見にすぎないが、彼の猪突猛進ぶりは常に全体をキョトンとさせる。


■だがしかし・・・

だがしかし、噛ませ犬の左之助が存在するからこそ、剣心の価値が高まったりもする。

そればかりか、噛ませ犬のくせに極めて重要な場面で重要な役割を果たしたりもするのだ。

つまり、噛ませ犬であることは間違いないとしても、その中でも極めて稀な、価値のある噛ませ犬なのだ。

志々雄戦のときも、あれほどの活躍をした噛ませ犬は左之助しかいない。

ドラゴンボールのヤムチャ以上に素敵な左之助のファンに誰しもがなっておかしくないといえるだろう。




■おわりに

いかがだっただろうか。

今回は左之助について調べてみた。

二重の極みのやりすぎは、拳に負荷がかかるから注意だ。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】