ドラゴンボールGTの超サイヤ人4孫悟空とは?知られざるドラゴンボール4つのトリビア



お気に入り


ドラゴンボールGTとは「ドラゴンボールZ」が終了してから、始まったオリジナルストーリーで、超サイヤ人4や、ベビーの登場が話題を呼びました。

そんなGTに出てくる、超サイヤ人4孫悟空や、ベジータなど、ドラゴンボールGTにまつわるトリビアをご紹介します。




■ドラゴンボールGTとは?

アニメ『ドラゴンボールZ』の最終話から5年後の世界が舞台となるアニメオリジナルの作品。『ドラゴンボール』、『ドラゴンボールZ』と続く、『ドラゴンボール』アニメシリーズの続編です。

悟空は、孫のパンと、青年トランクスとともに、旅に出ると言うストーリーで、惑星イメッガで出会った、食べたメカの性能を自分のものに出来るロボット、「ギル」を仲間にしてストーリーが進みます。

更にGTの初期のベジータの設定はダサく、髭を生やし、髪型も変わってますが、後には通常のベジータのデザインになっています。


■GTの悪役って?

GTの悪役には、アニメオリジナルのキャラが沢山出てきます。

シーラル=ドン・キアーの配下で女性。ゲールとコンビを組み、ドン・キアーの命令で悟空たちを追いかけ、ゲール=ドン・キアーの配下、ドン・キアー=惑星イメッガの王で、お金にがめつく、どケチな性格のキャラです。

レジック=ドン・キアーの用心棒で、トランクスを一撃で吹き飛ばすほどの実力の持ち主であったが、悟空と互角以上には戦うものの、超サイヤ人悟空にあっさりと負けてしまうのです。




■オリジナルキャラの超サイヤ人4孫悟空とは?

超サイヤ人4孫悟空=悟空が黄金大猿に変身後、理性を取り戻し、超サイヤ人4に進化を遂げ、十倍かめはめ波を使います。

超サイヤ人4ゴジータ=、超サイヤ人4の悟空と、超サイヤ人4のベジータがフュージョンして誕生した究極の戦士で、ビッグバンかめはめ波を使う。


■強敵ベビーとは?

ベビーは、GTの後半あたりに出てくるキャラで、幼年体はサイヤ人に滅ぼされた、ツフル人の細胞で出来た寄生型宇宙人で、地球に現れたときは、少年の形態として、ベジータに寄生し、ベジータベビーとなる。

ベジータベビーの変身後は、悟飯やトランクスたちの、サイヤパワーを取り込み、変身した姿となり、ベジータベビーの終形態は、地球人の気も取り込んだ姿で、大猿ベビーにもなれて、スーパーギャリック砲を使う厄介な敵として登場します。




■おわりに

いかがでしたか?

人気アニメ『ドラゴンボールZ』のオリジナルアニメ、ドラゴンボールGTの新キャラ、ベビーや、超サイヤ人4の事を知れば、アニメドラゴンボールGTがますます楽しめそうですね。
 

お気に入り


あわせて読みたい