サザエさんは元探偵だった?サザエさんのまつわる知られざる4つのトリビア



お気に入り


サザエさんは、今もお茶の間に好評の、視聴率の高い国民的人気アニメですね。

じゃんけんの出し手には、法則性があったことや、オープニングのあいさつの変化など、サザエさんに関するトリビアを、集めましたのでご紹介します。




■サザエさんは元探偵?

サザエさんは、意外なことに元探偵で、かつて探偵社に勤めていたことがあるようです。

他にもハロー社の雑誌記者、メイドや選挙カーのウグイス嬢などをやったことがある行動的な女性ですが、最近では、スーパーのパートとして、働きに出るというエピソードがありましたね。


■オープニングのあいさつの変化

サザエさんが、オープニングで、「サザエでございま~す!」と言い出したのは、割と最近なのですが、オープニングの挨拶として、初代「わたくし、サザエでございます」、
2代目「サザエでございま~す!」でした。

3代目「サザエでございます」、4代目「こんにちは! お元気?」、5代目「サザエでございます」、6代目「サザエでございま~す!」=(現在)だそうですね。




■エンディングのじゃんけんに変わったわけ?

1991年までは、予告の最後にサザエさんが、豆等を投げ食いしていた場面を、視聴者に見つかり、慌てて隠すシーンで、喉に詰まらす仕草をしていましたね。

しかし、これを子供がマネすると、危険だと医療業界から指摘されたために、また実際にこのマネをして、小学6年の男児が、死亡する事件が、1990年頃に発生してしまいました。

この事件をきかっけに、現在のじゃんけんに変更されましたそうです。


■じゃんけんの出し手には法則性があった?

なんとサザエさんが、エンディングでやっているじゃんけんの出し手には、法則性があるようです。

これを研究している日本統計学会 鳥越規央氏は、前の週にサザエさんが何を出したかが大きなヒントになるとのことで、前週がチョキの場合、50%の確率でパーが出て、前週がグーの場合、50%の確率がチョキが出るようで、前週がパーの場合、グー、チョキ、パーが出る確率が同じになるようです。

ですから、サザエさんが何を出したか、毎週チェックしておくことで、勝率を上げることが可能なんですね。




■おわりに

いかがでしたか?

あのエンディングが、豆食いから、じゃんけんに変わった訳のことや、サザエさんは元探偵だったなど、知れば知るほど、サザエさんは面白いアニメですね。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】