可愛いすぎるグロアニメ?ハッピーツリーフレンズのキャラにまつわる4つのトリビア



お気に入り


ハッピーツリーフレンズはアメリカ生まれのアニメで「検索してはいけない」ワードでも評判でした。

海外の高クオリテイ―なFRASHアニメ、ハピツリのフリッピーや、お菓子大好き癒しキャラ、ナッティーなど、可愛いグロアニメについてご紹介します。




■中毒者続出アニメハピツリって?

ハッピーツリーフレンズは、1999年にアメリカのモンドメディア社で誕生したフラッシュアニメで、一見、可愛いキャラクターが山出てくる、幼児向けっぽいアニメで、通称ハピツリと呼ばれています。

しかし、キャラ達の生活の中に必ず「死」が絡むのがこのアニメの特徴で、その回の主役キャラが巻き起こすアクシデントが、他のキャラの死に繋がったり…と言うストーリーで終わりますが、次の回には復活している、不条理なストーリーが魅力なのです。


■元軍人さんの可愛いクマ フリッピーってどんなキャラ?

フリッピーは薄い緑色のクマで元べトナムの帰還兵、迷彩色の軍服と、ドッグタグを身につけ、サバイバルナイフと手榴弾を常備、頭にはグリーンベレー風の緑色のベレー帽を被っています。

性格は普段は素直で穏やかだが、戦闘神経症を患っており、風船の破裂音、燃え盛る炎など、戦争を連想させるものに、過敏に反応してしまう病気で、覚醒すると猟奇的な人格に変貌するのです。

そのため、彼が主役のストーリーは、何かの拍子で人格が入れ変わると、周りのキャラが惨殺されるケースがほとんどなのです。




■ハピツリの癒しキャラ ナッティーって?

ナッティーは重度の甘味依存症で、見つけたお菓子を深追いするせいで、いつも悲惨な目に合うキャラですが、ナッティーにとってお菓子は全てなのです。

更にお菓子と結婚する妄想を見たり、チョコレートの自販機でチョコを深追いして手がもげたり、お菓子が絡んだ死につながることの多いキャラクターです。


■実はハピツリで一番怖いキャラって?

アリは、スニッフルズが登場する時には必ず出てくるキャラで、ハピツリの中ではスニッフルズ以外に関わらないため、死なないキャラとして出てます。

大抵母、息子、娘、赤子の4人組で出てきて「アー、アー」としか喋らず、特に息子アリは頭が良く、スニッフルズを様々な方法で苦しめるので、スニッフルズは、ハピツリ世界では、一番苦しい死に方をしているキャラですね。




■おわりに

いかがでしたか?

ハピツリのフリッピーや、ナッティーのキャラにまつわる秘密や、アリの家族の秘密などを知ると、更にハッピーツリーフレンズと言うアニメを、楽しめそうですね。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】