ハンターハンターの強さランキングは変動したのか?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


キメラアント編までは上位を占めていた人物がかなり偏っており、王・護衛軍・ゾルディック家のいづれかがトップランカーになっている感じでした。

しかし2015年現在になってもこのランキングに変動はないのでしょうか。

今回は少しそのあたりを考察してみます。




■作品中最もピークの強さで比較すること

強さ、と一概に言ってもその時うけているダメージや精神力・体力の消耗など、様々な要因が影響してきます。

なので今回の考察は以下の2つの条件のもと行うものとします。

①作品中のいづれかの描写

②その中でピークの時のもの

これで考察するとします。


■1位はやはりメルエムか。

キメラアントの王であるメルエムの強さはやはりトップに相応しいだろう。

ナックルの発言によると、国家レベルの武力でも勝ち目がないというのならば、その強さはやはり尋常ではない。

バラの被爆で死なないほどの肉体の強さを持っていたり、相手の感情から次の攻撃を予測することが出来たりなど、様々な要素を踏まえてやはり、最強であることはまちがいないだろう。

暗黒大陸すら支配するレベルであることは間違いない。




■ドン・フリークスの強さは?

ゴンやジンの祖先であるとされているドン・フリークス。

彼の強さは暗黒大陸をひとりでくまなく探検できるほど。

それがどれほど凄いことかというと、あの全盛期のネテロですら立ち入らずに引き返したという。

フリークス一族のポテンシャルはかなりのもので、もしかしたらドン・フリークスはメルエムより強いのかも、なんて思えるところである。


■ネテロ

1位と2位の順番は怪しいところだが、3本の指に入って間違いないのはやっぱり会長。

寝てろの全盛期は今の倍以上の強さを持っていたというから驚きである。

暗黒大陸は2回だけ経験しているとされており、幻影旅団のトップクラスでもネテロ相手だと勝ち目が薄いかもしれない。

正面からの戦闘ならあのヒソカですら「戦うのは賢明じゃない」と判断しそうだ。




■おわりに

いかがだったでしょうか?

今回はハンターハンターの強さランキングについて少し調べてみました。

以前のランキングと比較して、ドン・フリークスの存在が大きいですね。

これからの展開も楽しみなので、どんどん描いて欲しいものです。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】