しんのすけの名前の由来って?  クレヨンしんちゃんにまつわる4つのトリビア



お気に入り


国民的人気アニメ、クレヨンしんちゃんの名前の由来や、しんちゃんの両親、ひろしやみさえキャラのトリビアなどについて紹介します。




■しんのすけの名前の由来

クレヨンしんちゃんの名前の由来は、生まれる赤ちゃんの為にと、ひろしが名前を考えて候補を四つ上げていました。

その四つの名前というのが、「しんいち、とものり、すぐる、けんた」でした。

その後みさえから電話があり、産気ついたとのことで大急ぎ病院に向かいます。

外は雨でしたが、大急ぎで病院に向かい、名前を考えた紙を見てみると他の字は雨で滲んでしまい残った文字が「しんのすけ」だったそうです。


■ひまわりの名前はしんのすけがつけた?

新しく野原家に生まれる赤ちゃんの名前を決めようと、おじいちゃんやおばあちゃんも田舎からしんのすけの家に集まります。

名前を決める方法は、それぞれ紙に赤ちゃんの名前を書いた紙飛行機を飛ばし、一番長く飛んだ飛行機にある名前に決定というものでした。

そこで最後まで長く飛んでいたのは、しんちゃんの飛行機で、書いてあったのがひまわりと言う女の子の名前だったのです。




■ステータスが高いサラリーマン?野原ひろし

ひろしはアニメではみさえの尻に敷かれ、何だかダメなイメージがありますが、実際は大手企業に勤める立派なサラリーマンで、しかも早稲田大学卒業のエリートなのです。

また年収も600万円台の中流家庭で、会社でも係長という立派な役職の上、優しい上司に部下まで居るのです。

さらに、みさえが外で働かなくても良い専業主婦なので、如何にひろしが立派な存在と言うことがよく分かりますね。


■野原みさえは料理本を出版していた?

野原みさえと言うキャラクターは、アニメだけの架空のキャラクターなのですが、実は「みさえの愛情たっぷり手ぬきレシピ」と言う料理本を出版しています。


タイトルにもある通り、『手ぬき』を主題としたレシピ集で、『炊飯器』、『電子レンジ』『コンビニの惣菜の組み合わせ』で、意外に本格派な料理が作れる手抜き料理本として人気があるのです。




■おわりに

いかがでしたか?

しんのすけやひまわりの名前の由来、みさえの手抜き料理が本になっていたことなど面白い話がたくさんあるんですね。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】