悲しい兄弟の物語。火垂るの墓にまつわる4つのトリビア



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


日本が誇る綺麗なアニメーション作品、人気ジブリアニメの映画、火垂るの墓の節子の死の真相や本当の物語など、誰も知らなかったトリビアについて紹介します。




■節子の死の真相って?

有名なキャッチコピー「4歳と14歳で生きようと思った」でお馴染みの火垂るの墓は、多くの人の涙を誘う映画で映像もとても綺麗なアニメでしたね。

この話に出てくる節子はアニメでは滋養が取れずに栄養失調で亡くなったとされていますが
その真相は節子が有害物質を含んだ雨粒を左目に受け、目から有害物資が入った為身体が衰弱して体内の免疫力が下がって亡くなったと言われています。


■叔母だけが悪者になっていた?

監督のは戦争時代には皆余裕が無くて人の面倒を見るなんて難しいということを、このシーンで伝えたかったようですね。

特にに意地悪な叔母の二人に対する態度がと言う方は多いのですが、自分の家族だけでも、精一杯で食べ物も満足に手に入らない戦争時代、そんな中で、他人の子供二人も面倒を見ることが、いかに大変だったかと言うメッセージが込められているのです。




■火垂るの墓がテレビで放映されなくなった訳とは?

火垂るの墓と言えば、戦争の悲惨さを描いたアニメで有名ですが、2年ごとに必ず8月には放映されていたのをご存じではないかと思われます。

しかし海外では、この作品が良く見られていて、米兵に罰ゲームで見せたりすると、日本人には悪いことをしたと、反省するほどに影響力のあった作品なのです。

日本でも、サクマドロップの権利の関係など、様々な要因が原因で、最近では放映されなく
なったとされています。


■火垂るの墓は…実は

火垂るの墓は清太と節子の二人の生涯を描いた作品に思えるのですが、実は死んだ二人が永遠に悪夢を見続けると言う、ちょっと怖い話だたのです。

また作中で画面が赤くなるシーンがありますが、清太と節子の幽霊が、生前の記憶を何度も繰り返し眺めている事を意味していて、電車に乗ってり叔母の家まで行くのは、過去を思い出しに行くシーンと言われています。




■おわりに

いかがでしたか?

ここ最近ずっと、火垂るの墓がテレビで放映されなくなった訳や、叔母から感じる当時の戦時風景など、火垂るの墓には、こんな悲しい話が隠されてあったんですね。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】