福山雅治、長崎ライブの経済効果は18億円も!?



お気に入り


2015年8月29〜30日に長崎で凱旋ライブを行った福山雅治の経済効果が、約18億円だったと試算されているみたいです。

これ、流石ですよね。

福山さんでなければこれほどまで凄いことにならないんじゃないかな?

今回は福山さんの魅力を見てみよう!




■意外にロック

ポップシンガーの印象が強い福山さんですが、音楽通にきかせてもなかなかロックな感じで作曲しているみたい。

また、コアな曲よりも人が喜ぶ音楽を作る傾向があり、これが万人受けしてるようです。

ロックな内容を伝えるのと、ポップに受け入れられることの両立は本来難しいはずですが、これをこなすあたりやはり才能があるのかな、と思います。


■ギャグが面白い

シンガーとして活躍している福山雅治さんですが、トーク番組やトークラジオなどを聞いていると、話のセンスもバツグンに良いことがわかります。

もしかしたら下手な芸人よりフリートークが面白いかも。

特徴的なしゃべり方は本気かネタかで議論されますが、うまく活かして盛り上げているようです。




■演技がうまい

ガリレオでも有名な福山さん。

その演技のセンスには一定の高評価があります。

ファンなら色眼鏡をかけて見る部分もあると思いますが、そのセンスによって俳優も見事にこなしてみせています。

これほど色々デキる人は少ないかも。


■詩が深い

「愛する君と夢にむかって〜」的な、内容が薄い歌をあまりつくらない福山さん。

詩の内容に関しても、背後にちゃんとドラマがあるものを中心にピックアップしているようです。

また、詩のなんたるかもわかっているようで、全てを明らかにしない作詞センスは、物語に奥行きをもたせています。

さすが一流のアーティストですね!




■おわりに

いかがでしたか?

今回は福山雅治さんの魅力に迫ってみました。

まだあまり福山雅治さんを知らないあなたも、ぜひチェックしてみてくださいね!
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】