魔法少女まどか☆マギカのオープニングに見る物語の伏線



お気に入り


可愛らしいデザインと、どこか少女アニメを思わせる雰囲気なのにも関わらず、物語が進んでいくとドロドロとした、救いのないストーリーが繰り広げられて行きます。

その物語の終焉も、決してハッピーエンドではありませんでしたが、実はアニメのオープニングには、終盤へ向かうストリーを感じさせる伏線があるって知ってましたか?

今回は、そんな魔法少女まどか☆マギカのオープニングに隠された伏線に対して語らせて頂きます!




■コネクトの歌に隠された意味

魔法少女まどか☆マギカのオープニングはルミナスが歌うコネクトですが、実はこの歌詞は、ほむらの心情を歌っています。

明るいオープニングなのにも関わらず、どこか切ない歌詞であるのは、まどかを救うために、何度も何度もループをしたほむらの思いを歌っているからなのでしょう。

そう思って、改てコネクトの歌を聞くと、何だか不思議な気持ちになってしまいますよね?


■オープニングにすでにまどかの終わりが明かされていた?

オープニング映像に、髪の長いまどかそっくりの女の子が登場します。
「 なんだ、よくある変身前の演出か 」と思っているなら、ちょっと違います。

実は、このまどからしき人物は、最終話に登場する概念となったまどかなんです。

気になる方は、オープニングのまどかと概念となったまどかが登場するシーンを見比べてみてください。




■オープニングに登場する黒猫の正体とは?

オープニング映像に意味深な黒猫が登場します。
この黒猫自体は、ドラマCDに登場しているのですが、何週目かのまどかにとってのほむらを暗示しているという説があります。

「 あの猫には意味が無い! 」とも言われますが、果たしてその真相は……?


■10話を見たあとに、オープニングを見てみて!

魔法少女まどか☆マギカの10話で、すべての謎がほぼ解決し、ほむらが何度もループして、アニメの時間軸に到達したことが描かれています。

その時の姿が、オープニングに登場するまどかそのもので、オープニング映像はループしている過去のまどかだったという真実に気づくはずです。




■おわりに

物語自体も、ただの美少女アニメとは思えない作りをしている魔法少女まどか☆マギカには、まだまだ隠された秘密がいっぱいあります。

しかも、それらの謎はオープニングともリンクしているので、気になった方はもう一度オープニングを見なおしてみましょう!
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】