ディズニーに隠されたヤバすぎる噂!フリーメーソンとミッキー



お気に入り


世界中の子供たちから、愛されているディズニー作品ですが、ディズニーの創始者であるウォルト・ディズニーは、秘密結社の一員だったという話。

「 そんな馬鹿な! 」と思われるかも知れませんが、実はこの話には根拠があるんです!




■ウォルト・ディズニーと秘密結社

今のディズニーの創始者である、ウォルト・ディズニーには、悪いうわさがちらほらと。

秘密結社として、テレビでも有名なフリーメーソンのメンバーであったとも、プルス・ウルトラという秘密結社のメンバーであったとも言われています。

実際にウォルトはフリーメーソンの秘密結社であったという名簿が明らかになっています。


■ディズニーランドには秘密結社専門の施設がある?

ディズニーランドの中には、実しやかに秘密結社専門の施設があると考えられています。

ウォルト・ディズニーはフリーメーソンの中でも最高の位であったとされ、ディズニーランドの園内には33とかかれた秘密の扉が存在するとも、プルス・ウルトラの会員のみが通ることができる、秘密の通路があるとも言われています。

よくある都市伝説の中にも、ディズニーランドは登場しますが、もしかすると本当に秘密の施設があるからこそ、このような都市伝説が囁かれているのかも知れません。




■映画の中に潜むフリーメーソンの思想

ディズニー映画の中には、かつての白人至上主義を感じさせる映画が数多くありました。

ミッキーやドナルドが白い手袋をしているのは、白人を表しているからであり、ペットのプルートは黄色い犬ということから黄色人種を表しているという話も。

また、ウォルトの生存中は、黒人、女性、ユダヤ人は幹部として、採用されなかったり。

ロサンゼルスのディズニーランドは、黒人たちを収容し、処刑していた場所に建てられたという話があり。

フリーメーソンの思想に染まったが故に、このような白人至上主義とも言える映画をつくりだしたと考えられています。


■ディズニーランドで見つかった謎のスーツケース

ディズニースタジオ地下の「モルグ」から謎のスーツケースが発見されたというニュースが一部海外サイトを騒がせました。

結果的に、その内容は映画の「 トゥモローランド 」のストーリーの宣伝だったという話ですが、果たしてその真相は……?




■おわりに

東京ディズニーランドには、さまざまな都市伝説があります。
もしかするとそれは、東京ディズニーランドにもフリーメーソンのような秘密結社が創りだした誰もしらない施設があるからかも知れません。

夢の世界の裏側に、誰も知らない恐ろしい真実が隠されていたとしたら、あなたはどうしますか?
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】