名前を書いたら死亡する。本当にあったデスノートの話



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


週刊少年ジャンプで大ヒットを記録したデスノート。
映画化もされ、実写ドラマ化もされたことから、記憶に新しいという人も大いのではないでしょうか?

デスノートは、そのノートに名前を書かれた人間は死ぬという物語で、そのストーリーは警察だけでなく、FBIなども巻き込んで息詰まるサスペンスが繰り広げられますが、実際にあったという話が……?

「 名前を書かれたら死ぬ 」というデスノートの噂をご紹介したいと思います。




■ 中国ではデスノートは禁止!?

中国でも高い人気があったデスノート。
中国国内にすむ、ある学生がデスノートに影響されて、キライな自分の名前をノートに書き、本気で呪いをかけたという話がニュースになりました!

実際のところ呪いをかけられた相手がどうなったかたは定かではありませんが、この事件を機にデスノートが中国で発売禁止になったという、嘘のようなホントの話は実際にあったのです。


■ デスノートのせいで逮捕者が!? デスノートの悪影響

世界的にもブームになったデスノート。
このデスノートに影響を受けた事件がオーストラリがであったことは、あまり知られていません。

実際に2009年に起こった事件で、犯人として捕まった少年ノートには同級生の名前と職員の名前が書いてあり、詳細な死因までかかれているんだそうです。

しかも、このノートには学校に爆弾を仕掛ける計画が書かれており、それが原因で警察につかまってしまったのですが、もしも計画が実行されていたら、本物のデスノートになってしまっていたかも知れませんね……。




■ ベルギーで起きたデスノート殺人事件

このデスノートに影響された事件は世界的に多く、ベルギーでは未解決の殺人事件に「 キラ 」となるの人物が関係しているといニュースが報道されました。

バラバラになった遺体の側に犯人が残した手がかりに「WATASHI WA KIRA DESS(私はキラです)」というメモが残されていたことから、地元メディアでは「 マンガ殺人 」と呼ばれている事件として知られるようになりましたが、未だ犯人は捕まっていないそうです。


■ 日本の掲示板で起きたデスノート事件

さて、ここまでの事件はすべて人間が引き起こした、ある種「 模倣犯 」的な事件ですが、日本では実際のデスノートに近い事件が発生しています。

ノートにこそ書かれてはいませんが「殺したい人間の実名を挙げるスレ」というスレッドに書かれた人の中の人物が実際に死亡したという事件が起こってしまったのです。

しかも、その死因は交通事故とう偶然の産物が生み出したもの。
偶然だとしても薄気味悪い話ですよねぇ……?




■おわりに

世界的に人気の高いデスノートに影響される人は、まだまだいっぱいいるらしく、世界的なニュースにデスノートがとりあえげられる事が過去にはありました。

さすがに、ココ最近ではデスノート関連のニュースはありませんが、実は私たちが知らないところで、デスノートのように名前を書かれた人物が死亡する、なんてことが起こっているかもと考えると、ちょっと怖いですよね?
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】