るろうに剣心のもう一つの結末 キネマ版と追憶編って知ってる?



お気に入り


ジャンプSQ.に一時、るろうに剣心の実写映画化がされることによって『るろうに剣心 -キネマ版-』が連載されていたことをご存知でしょうか?

「 もう二度、剣心の物語はかけない 」と言っていた和月先生が、実写映画化が決まったことと、担当編集者、そして何より和月先生がもう一度書きたいという理由から、セルフリメイクされた形になっている作品です。

大まかなストーリー構成は同じですが、登場人物がアレンジされていたり、イロイロと変化していることで話題を呼びました。

また、これとは別にOVA版のるろうに剣心も色々な意味で、ファンの間で話題になったのですが……。

今回は、そんな2つの「 るろうに剣心 」について語ります。




■ 『るろうに剣心 -キネマ版-』の

もともとのストーリーは、30週で連載終了した場合のストーリーが基になっていため、微妙に物語の内容が異なります。

ただ懐かしのあの人が、現在の和月先生の画風によって新しく描き直されており、キャラクターの性格も微妙に異なっております。

また、完全版の「剣心再筆」のデザインも一部取り入られれたり、実写映画版の時にボツになった内容が取り入られられたりしているので過去のマンガを読んだ人も、映画から入ったという人も楽しめる内容になっているんです!

「 キネマ版 」のちょっとした見どころは武田観柳に香川照之のイメージがフィードバックされていて、香川照之さんに似ているところなんだとか。


コミックス版ではマンガ版剣心の前日談とも呼べる「 第零幕 」もあるので、気になる人はぜひチェックを。




■ 悲しみのエンディング「 追憶編 」と「 星霜編 」

るろうに剣心には、ファン意外は中々知られていないOVA版があるということはご存知でしょうか?

「 追憶編 」と「 星霜編 」と「 新京都編 」の3つがあるのですが、特に話題となったのが「 追憶編 」と「 星霜編 」。


「 追憶編 」はいかにして剣心が“人斬り抜刀斎”になったのか。
そして、どうして頬の傷がついたのかなど、知られざる剣心の歴史が描かれています。

そして何かと話題にあがる「 星霜編 」では原作終了後の世界を描かれており。こちらもかなりショッキングな内容です。剣心と薫が梅毒になっていたり、左之助が中国に行ってたり。

しかも、そのエンディングは……!

気になる人は、ぜひこちらもチェックを。




■おわりに

今回、ご紹介した作品にはそれぞれ良さがあるのですが、どちらも原作ファンからしたら、ちょっとビクッリするよな内容かも知れません。

ただ、どの作品も完成度は高く、楽しめること必須なので興味がある方は、改めてるろうに剣心を見直す気持ちで、読まれたり、見られたりされてはいかがでしょうか?
 

お気に入り


あわせて読みたい