ワンピースの謎の人物「ジャック」とは?



お気に入り


ワンピースにはまだ情報が少ない人物として、新海軍大将・緑牛、七武海の例の男などがいます。

それともう一人、パンクハザードで出てきた「ジャック」という人物がいますが、その人物に当てはまる候補が二人浮上したため、今回紹介したいと思います。




■これまでの人物の法則から導いてみる

これまでワンピースに登場してきた人物は、実在の海賊や事件、戦争などをモチーフとしているため、この「ジャック」という人物もそうであるという前提で考えてみます。

まず一人目は1988年にイギリスで起こった切り裂き魔事件の犯人「切り裂きジャック」です。

犯人は医療知識を持っていると考えられていましたが、実質的に迷宮入りとなっている事件で、これもあくまで可能性の域を抜け出せない妄想にすぎません。


■元海軍大将の腕を切り落とした人物・Z

新七武海の例の男は、元海軍大将のだったZの腕を切り落とした人物であると、映画版「FILMZ」で分かっています。そのつながりから上記の妄想が生まれました。

また可能性としては男性とは限らないということもあります。

「切り裂きジャック」というのは、日本でいう「名無しの権兵衛」という意味に近く「例の~~」という意味があります。

女性に対しても使われる言葉であるため、案外男性と限ったものではないかもしれません。




■ジャックも「D」の一族なのか

フリーメイソンの起源に迫ってみると、「D」の一族のモデルである「テンプル騎士団」は、歴代の騎士団総長の名前に「De」という名がことごとく入っているようです。

その最後の騎士団総長の名前は「ジャック・ド・モレー」とい人物で、これが「ジャック」のモデルのも一人の人物と考えられます。


■ジャックの正体はロー?

「切り裂き魔事件」「ジャック・ド・モレー」からDと連想させるため、これとよく似たような人物が一人浮上しますが、それは「トラファルガー・ロー」です。

ですがパンクハザードでの雰囲気からジャックは相当な立場・実力を備えていると推測できるため、ローである線は薄いかもしれません。

トランプとのつながりが色濃いローですが、トランプの「J」で革命軍を表し、かつ「D」の名前を持つ人物が最も可能性が高いと考えられます。




■おわりに

いずれにせよキャラクター設定から、ロー以上に物語に深く関わってくるものと考えられます。

その正体はかなり謎に包まれていますが、トランプのJや切り裂きジャックなど、様々なパターンが考えられます。

いち早く物語に登場して、その謎をいち早く明かしてほしいと思います。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】