進撃の巨人が実際にいて、学校に襲いかかってきたらw



お気に入り


グロかっこいいアニメで有名な進撃の巨人。

進撃の巨人が実際にいて、学校に襲いかかってきたらどうなるかを真剣に考えてみよう。

立体機動装置の代わりになるものはあるのだろうか。




■まずは一旦逃げよう。

普通の巨人サイズであれば、一旦逃げて体制を整えるのが定石だ。

まずは屋上あたりに逃げ込んで、対策を考えよう。

巨人を倒すためのアイテムは学校にあるのだろうか。


■巨人の弱点はうなじ。

巨人を倒すためにはうなじを削ぎ落とす必要がある。

そのために必要なのは本編では2点。

大きな刃物と、立体機動装置だ。

この2つを手に入れればならない。




■家庭科室へGO

家庭科室でまずは包丁をゲットしてこよう。

すこしサイズは小さい気がするが、一応対応できるはずだ。

本格的な対巨人兵器がいかにでかいかがわかるところだ。

しかし、やむを得ない。両手に包丁を持って出撃だ。


■立体機動装置に対応するものが…ない!

包丁はゲットしても立体機動装置に対応するものがない!

体育準備室で長いロープをゲットして来るほかないだろう。

屋上にきつく結びつけて、窓ガラス掃除員のように戦うほか道はない。

ここでも立体機動装置のすばらしさがよくわかる。




■おわりに

いかがだっただろうか。

きちんとした兵器がなければ巨人と戦うことは出来ないようだ。

もし実際に巨人が学校に襲ってきたら、冷静に逃げることを考えて欲しい。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】