可愛いイラストとのギャップが怖い?ルイス先生と不思議な世界たちにまつわる4つのトリビア



ルイス先生と不思議な世界たちは、無料漫画、コミコの水曜日連載作品です。

今回は、そんなコミコの水曜日人気漫画、ルイス先生と不思議な世界たちを、10倍楽しめるルイス先生や、不思議な国のトリビアをご紹介します。




■こんな法律あったら怖い?ルイス先生と不思議な世界たち

奇妙な法律の国々を渡る、 国境越不思議ファンタジーのルイス先生は、水曜日の人気作品です。

医者の国出身の教師、ルイス先生が、問題児を連れて、奇妙な法律に則って形作られた国を旅する物語なので、次の国が楽しみになります。

ルイス先生は、様々な法律に、悩んだり迷ったりしながらも、果敢に挑みますが、読み手にも訴えかけるような深い作品なのです。

最初の「いのちの国」から始まり、クロップを連れて冒険がスタートします。


■可愛いイラストとのギャップが怖い?異色の法律

ポップで読みやすい、可愛いイラストだからこそ映える法律の恐しさは、怖い話が苦手な方には、話によっては、耐えられないかも知れません。

このストーリーのみどころは、一緒に旅をしているような感覚があるところで、読み進める手が止まらない、この不思議な世界を体験してみてください。




■まるで現代社会の風刺?絶望の国とは?

ルイス先生には、様々な国が出てくるのですが、その国の法律に従わないと、処罰されてしまうので、法律に従いながら旅を続けます。

その中で「絶望の国」と呼ばれる国を電車で通ることになるのですが、まともな神経を保ってられなくなる為に、その国は眠り薬を飲んで通り過ぎるのです。

この国を知っている人曰く、すべての人が絶望しているので、通り過ぎるだけでも困難だとか。

このように結構怖い国が、物語に存在するのです。


■誰もが考える深いテーマ?透明人間の国とは

ルイス先生には、国ごとの法律があるのですが、もし法律を破ったりすることがあれば、永遠に苦しめられることもあるのです。

見かけは楽しそうな透明人間の国は、お互いが見えないので、男か女かもわからずに人々は付き合ったりしているのですが、とにかく見えないので結構楽しく暮らしています。

しかし、人々は狂暴かつ残忍な性格なので、それを破ると大変な目に合わされるのです。




■おわりに

いかがでしたか?

毎週水曜更新の、コミコ漫画、ルイス先生と不思議な世界たちの主人公、ルイスのキャラや、キャラクター、世界観などを知れば、ますますコミコを、楽しめそうですね。