もしベジータと悟空が恋に落ちたら?



お気に入り


まさか、この二人が?!

絶対に有り得ないだろう恋愛関係を考察してみました。

すると、恋に落ちかねない理由が4つも…

もしかして、ベジータ…




■カカロットは俺がたおす

ことあるごとに口にする、「カカロットはおれが倒す」。

これはベジータが悟空に対してある種の「執着」を持っている事を表していると考えられます。

他の人には取られたくない、という嫉妬の表れかも。

戦いから始まる恋があるのかもしれません。


■額にMの文字

ベジータは何度も悟空に破れています、

それでも「カカロット、カカロット」と常に追いかける立場。

そして魔神ブウ編ではついにカカロットの為に悪魔に魂を売りました。

そして額に「M」の文字が…

このMが表すのはドMということなのか、それとも…。




■フュージョンの経験

悟空とベジータは何度かフュージョンを経験しています。

それはある意味、悟空とチチ、ベジータとブルマといった関係より深いものを体験してしまっているという事。

これによって、「おれはおまえで、おまえはおれ」と思考が倒錯してしまうかのうせいもあります。

ベジータ、しっかり。


■お料理まで作り始める始末

ベジータ様のお料理地獄で有名なように、ついにお料理まで作り始めました。

最初に登場したときのベジータはプライドの塊だったものが、悟空に破れてからというもの、どんどんコミカルな方向へ進んでいっています。

これは彼のプライドが完全に折れている可能性を示唆しているといえるでしょう。

頭ではわかっているけど、心が折れている、というベジータの苦悩が垣間見えます。




■おわりに

いかがだったでしょうか?

今回はベジータの心について調べてみました。

この禁断の恋は成立するのでしょうか?
 

お気に入り


あわせて読みたい