喪黒福造には弟が居た?笑ゥせぇるすまんにまつわる4つのトリビア



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


大人向け番組の、『ギミア・ぶれいく』内で、僅か10分枠のコーナードラマとして、アニメ化され人気番組となりました。

そんな破滅パターンや、不気味なアニメで人気を呼んだ、笑ゥせぇるすまんの歴史のトリビアについてご紹介します。




■破滅パターンが多い笑ゥせぇるすまんって?

大抵は、客が財産を失う、精神的、社会的な破滅などに陥るもので、家庭崩壊、横領、傷害や、殺人などの罪を犯し、警察に連行されたり、さらには客本人が、死亡することもありました。

また一方で、軽い怪我や失敗、親や教員、上司からの、お叱り程度で、済むこともあるようですね。

破滅を、客本人が自覚している場合と、周囲や世間一般からは、悲劇に見えるものの、本人は幸せな気分になっている場合とがあるのです。

更に例外中の例外として、喪黒の呪文で、幸せに暮らしたケースも、稀に出てきます。


■笑ゥせぇるすまんの歴史

1968年に小学館の『ビッグコミック』の読み切り作品『黒イせぇるすまん』として登場。

1969年~1971年まで実業之日本社の『漫画サンデー』で『黒ィせぇるすまん』として連載され、1989年10月~1992年までTBS系の番組『ギミア・ぶれいく』でアニメ化し、『笑ゥせぇるすまん』に改題されました。

1989年12月号の『ビッグコミック』に、読み切り作品を掲載され、1990年~1995年まで、中央公論社の『中央公論』に、『笑ゥせぇるすまん』が連載されました。

1996年から2000年まで、『漫画サンデー』に、『帰ッテキタせぇるすまん』として連載。
1999年にテレビ朝日系でドラマ化を果たし、2001年より、実業之日本社の『コミック伝説マガジン』、『漫画サンデー』に『踊ルせぇるすまん』を連載。

2003年には、『ビッグコミック』1001号記念作品として、誕生秘話の読み切り作品として、『わが名はモグロ… 喪黒福造』を掲載しています。




■当時は不気味なアニメで人気を呼んだ?

真っ暗な画面奥から、現れた喪黒が、画面に向かって、ゆっくり歩きながら迫り来る。

背景には以下のセリフが流れ、「私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん…という喪黒の声が、流れる導入部となります。

その後、客の顔・氏名・年齢・職業が出た後に、サブタイトルが表示され、喪黒の笑い声とともに、物語は始まるのです。

アニメはヒットし、『笑ゥせぇるすまん』の知名度を押し上げ、夜9時以降の放送に加えて、放送時刻も一定では無いにも関わらず、小中学生にも、人気があったのです。


■喪黒福造には弟が居た?

喪黒福造には弟が居たようで、喪黒福次郎は、後に単行本として姿を現すキャラです。

喪黒福造の弟には、喪黒福次郎が居るのですが、人間を不幸にする喪黒福造に対して、喪黒福次郎は、幸福を無償で与える天使キャラで、顔も穏やかです。

『ただ一度のミス、お消しします』、人は生きている以上、ミスを犯してしまうものですが、それがもしも、人生を破滅させるような、大きなミスを犯してしまったら……。そんな時、喪黒福次郎の存在が、私たちを救ってくれるのです。

代償なく困った人を救済する、一般的な善人で、 この福次郎を、主人公に据えた、スピンオフ作品の、「喪黒福次郎の仕事」という短編集があるのです。




■おわりに

いかがでしたか?

喪黒福造の弟の、喪黒福次郎のことや、笑ゥせぇるすまんの、歴史について知れば、更にアニメや漫画が、楽しめそうですね。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】