ルフィ・エース・サボの帽子には秘密がある



お気に入り


ワンピースのルフィはシャンクスから預かった麦わら帽子を非常に大事にしており、帽子に対する執着心が窺えます。

またルフィだけでなく、エース・サボも帽子をかぶっており、今回はそれぞれの帽子における秘密に迫っていきたいと思います。




■3兄弟の幼少期時代も帽子をかぶっている

ルフィ・エース・サボの3人が兄弟となった場面が描かれているシーンでは、サボが成長した時の姿と変わらずシルクハットをかぶっているのが分かります。

またルフィも同様に帽子を被っていることが分かりますが、エースだけはこの時に帽子を被っていませんでした。

しかし成長した時には帽子を被るようになっています。


■エースが初登場したころから帽子は被っている

作中に初登場したエースは、その時からオレンジ色の帽子を被り、さらに牛の頭蓋骨をイメージした装飾があります。

特徴的な装飾を付けている理由は、エースの技にもある「火銃」であり、カウボーイをイメージしているのではないかと考えられます。




■それぞれの防止には意味が存在する

エースはカウボーイのイメージで、サボのシルクハットは自身が貴族であったことをイメージしているのではないでしょうか。

サボは自身が貴族出身であることを嫌っており、その描写もしっかりと描かれています。

ルフィの場合は、元々はロジャーのものであったため意志が引き継がれていくものと考えられます。


■カウボーイの本来の意味は「牛飼い」

カウボーイは銃を扱うイメージが強いですが、本来は牛飼いが正解です。

牛飼い関連の話して言えば日本の七夕がありますが、そのまま当てはめるのであればエースは「彦星」となります。

織姫の星はベガと呼べるため、こちらはベガパンクではないでしょうか。

ベガパンクはくまを改造したことで革命軍と関わっている可能性があるため、サボと関連していることになります。




■おわりに

そして二つの星は夏の大三角を形成する星で、残るデネブはルフィを表しているのでしょうか。

デネブの星は恒星としては最大級の明るさを持つ星で、ルフィのイメージに当てはまります。

このようにそれぞれ星に準えた関係性がキャラクターキャラクターにはあるのかもしれません。
 

お気に入り


あわせて読みたい