赤足のゼフが元ロジャー海賊団のメンバー?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


サンジの恩師である赤足のゼフは、現在はバラティエで船上レストランを営んでいますが、かつては海賊としてグランドラインを渡り歩いた人物でもあります。

そのゼフがロジャー海賊団のメンバーであった可能性があるため、今回はそれをまとめてみたいと思います。




■ドン・クリークが狙ったゼフの航海日誌

ドン・クリークがバラティエに襲撃した際、狙ったものはゼフがグランドラインを航海していた時に書かれたと思われる航海日誌でした。

クリークによれば、グランドラインで1年以上航海を続け、さらに悪魔の実の能力に対抗する術を知っている、とされています。


■グランドラインの情報だけが記されているわけではない

ゼフの航海日誌にはグランドラインを旅した情報が記載されているだけでなく、悪魔の実の能力に対抗するための術、そしてあわよくばワンピースの情報までもが記されている可能性があります。

クリークは東の海の覇者と言われた人物で、グランドラインを渡り歩いた人物はいくらでもいるはずです。その人物がわざわざゼフとワンピースと関連づけるのでしょうか。




■ワンピースの発見者はロジャー海賊団のみ

ワンピースを発見したのはロジャー海賊団であることは周知の事実で、公開処刑時にロジャーが最後に発言したために、海賊でなくとも知っている事実となります。

そしてゼフは航海日誌に関して、「航海を共にした仲間全員と分かち合う誇り」と言い残しており、現在の会場レストランの料理長へとなっています。


■誇りを捨てて料理長になるワケは

何かしら海賊から足を洗うきっかけがあったために、その誇りを捨てなければならなかったのでしょう。他にもロジャー海賊団の元ナンバー2であるレイリーも同様です。

また「死ぬまで戦うことを止めないバカがいる。そういう奴が好きだ」とゼフが発現しており、この発言は同じセリフを数多く口にしていたルフィとロジャーに当てはまると思われます。




■おわりに

ロジャー海賊団でもコックとして活動していたと考えられるゼフですが、実際のところ鮮明にロジャー海賊団に所属していたかは不明です。

しかし彼が持つ航海日誌には大きな秘密がありそうですので、なにかきっかけがあればその内容の全貌を知りたいものです。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】