エヴァンゲリオン新劇場版:Qの空白の14年に何があった?



お気に入り


「 エヴァンゲリオン新劇場版:破 」で綾波を助けたハズのシンジでしたが、目が覚めるとそこは宇宙空間に。

なんだかんだあって、シンジは14年間も眠っていた事を知りますが、この“ 空白の14年 ”に何があったのかが気になりますよね?

この14年の物語のヒントが、「 エヴァンゲリオン新劇場版:破 」の最後に流れた次回予告に隠されているという説があります。




■「 破 」から14年間に何があったのか?

破で放映された「 Q 」の予告では「 レイとシンジを取り込んだまま凍結されるエヴァ初号機 」というセリフがあります。

これは、初号機に取り込まれてしまったシンジが使徒と認定されたことを匂わせていますし、Qでのオープニングにも繋がります。

予告ではシンジを取り込んだ初号機が使徒封印呪詛柱に囲まれているのが見て取れます。

もしも、シンジが使徒として認定されているのであれば、衛星軌道上に封印したとしてもおかしくありません。

そして、14年後のミサトが率いるヴィレはシンジを復活させることを何故か選択しました。


破でエヴァごと封印されたアスカが、Qでは復活していて驚いた方も多いかと思われますが、Qの最後で「ここじゃあL結界密度が強すぎて助けに来れないわ。リリンが近づけるところまで移動するわよ」というセリフを発しています。

これは、アスカやシンジといったエヴァのパイロットが人間ではなくなってしまっていることを示しているのではないでしょうか?

この事実こそが空白の14年につながるのでしょう。

人でなくなったエヴァのパイロットたちを、再び使わざるを得なかった状況があったという可能性がここから、浮かび上がってきます。

つまり、使徒となったアスカを封印から蘇らせ、エヴァを再構築しなおし、戦わなければならなかった相手がいるのではないかということです。




■空白の14年の敵はネルフ?

新劇場版ではネルフの地下に幽閉されていたのは、アダムではなくリリスでした。

また、Mark.06が自律型に改造され、槍で貫かれリリスの胴体とともにセントラルドグマ最深部に放置されていたことと、Mark.06内に使徒が潜んでいたことからも、空白の14年の間になんらかのリリスを巡る戦いがあったことが伺えます。

そして、最終的にニアサードインパクトをネルフが起こしてしまい、それに対向する形でアスカを封印から蘇らせたとすると辻褄はあいます。

また、ネルフに対してミサトが敵対する理由にもつながるのではないかと考えられています。




■おわりに

謎が多いのがエヴァンゲリオンの良い所ですが、空白の14年にはさまざまな説があるようです。

今回ご紹介した説もその一部ですが他にもさまざまな説があるようです。

真相はシン・エヴァンゲリオン劇場版:|┃に隠されているかも知れません。

とりあえず、エヴァファンの方はシン・エヴァンゲリオン劇場版:|┃の公開まで、首をながーくして待ちましょう!
 

お気に入り


あわせて読みたい