【漫画コミック】亜人が劇場3部構成でアニメ化決定



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


漫画の表紙がホラー的で怖いストーリーなのかと思っていましたがホラー漫画ではありませんでした。

どちらかというとサスペンスな感じです。

そんなミステリアスなコミック「亜人」がアニメ化!テレビではなく映画で!




■劇場でアニメ化される亜人はなんと3部作

桜井画門先生が手掛ける漫画。

不死の新人類“亜人”を交えた現代社会風の舞台の物語を描いた漫画が、3部作というボリュームたっぷりの構成で映画館で上映されることが決定されました。

テレビアニメではなく映画館で、というところが熱いです。


■公式サイトやYoutubeで宣伝動画視聴が可能

CM動画を見ましたが、どうやらアニメの絵は3D使用にするみたいですね。

まだ日本のアニメファンの間ではあまり馴染みがありませんので、意見は賛否両論に分かれるでしょう。

海外の3Dアニメーションに違和感を感じたことはありませんが、亜人はどうなるでしょうか。

動く亜人の迫力に期待が込められます。




■アニメーション制作はポリゴン・ピクチュアズ

3D映像にたけるポリゴン・ピクチュアズが手掛ける亜人の世界はどんなものなのか、今から楽しみにされている方は多いと思います。

最近ですと、シンドニアの騎士が話題をよんでいました。

シンドニアの騎士に続いて亜人もきっと人気作品になるでしょう。


■公開予定はまだ不明

2015年6月現在では、明確な公開日は決まっておらず情報がありません。

公式サイトやツイッターから目が離せませんね。

3部作がどのような構成になるのか、原作とは異なるオチが待っているのか、などファンの間では憶測を飛びかわしながら今か今かと待ち望んでいます。

【公式HP】 www.ajin.net
【公式Twitter】@anime_ajin

原作:桜井画門 (講談社『good! アフタヌーン』連載)
総監督:瀬下寛之
監督:安藤裕章
シリーズ構成:瀬古浩司 
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ




■おわりに

現在でも連載は続いており、コミックは6巻まで出ています。

どこまでのストーリーが映画になるのか、またはオリジナルストーリーが映画になるのか。

期待と不安が募ります。

更新情報が待ち遠しいです。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】