iPhone5Cの公式ケースが「大根おろし」に完全一致と話題に



お気に入り


いよいよ新型iPhoneであるiPhone5Sと、iPhone5Cが発売されますがそれに伴い公式のiPhone用ケースが発表されました。



ジョブズがかなり嫌悪感を抱いていたケースが公式にリリースされるというのも、彼の死去後会社の体制が変わったという印象を受けてしまうのは否めませんが、

どうやらその風貌が明らかに「大根おろし」にそっくりで楽天にも同様の大根おろしが売られているようです。

iPhone5Cのカバーが何かに似ているということで早速「大根おろし」が抜擢。

iphone-case


しかも楽天にそっくりな大根おろしがあるということで早速見てみると確かに同じような商品があることが判明。

日本古来から使われている大根おろしデザインはアップルがインスパイアしたのではないかというジョークが飛び交っている。



ちなみにiPadの蓋も日本古来の「風呂蓋」などと例えられ、WWDCでアップルが発表した新型マックは「ごみ箱」と言われるなど実は日本のデザインは一歩先を行っており、ようやく世界が追い付いたというわけだ。

この調子で行けば家庭にある「あれこれ」が実は次世代のアップルデザインに採用される日も近いのかもしれない。さしずめ次は提灯や扇子といったところか。



―ネットの反応

・完全に一致www
・スマホ、買い換えなければならないのだが、食指が動かない
・言われると見えてしまう不思議
・スタイリッシュでwwwwwww大根もおろせるwwwwwwww一石二鳥w
・日本人の先見性がまた証明された
・かあさん、今夜のおかずはサンマにしよう
・いろんな意味で日本からインスパイアされてるなApple
・iPhoneのカバーにもなる大根おろし器を下さい。

結局アップルから発売されればなんでもかっこよく見えるというまさに「ネームバリュー」だ。

(秒刊SUNDAY:http://www.yukawanet.com/archives/4533215.html)



お気に入り


あわせて読みたい