名作「幽☆遊☆白書」の人気の秘密に迫る!



お気に入り


 HUNTER×HUNTERでおなじみの冨樫義博なのですが、古くからのファンは「幽☆遊☆白書」も神がかった面白さだったという人は多いでしょう。

ですがあれは90年代前半の作品。
今の若い人たちは当時のことを知らないという人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は幽☆遊☆白書の魅力について語っていきたいと思います。




■始まった当初は打ち切り覚悟だった!?

 バトルものの漫画の代表格として取り上げられることもある幽☆遊☆白書(以下幽白)ですが、なんと連載長所は全く違う方向性でいこうとしていました。

まず第1話で主人公の幽助が子供をかばって死にます。

そして霊体になった幽助は水先案内人のぼたんと共に様々な人間関係を観察しながら、時には憑依して、時には体を張って、人間に戻るための試練を受けるというお話でした。

主人公の幽助は不良で喧嘩が強いという設定こそあったものの、本格的な戦いは一切なく、それが始まるのは幽助の肉体が戻ってから始まる「霊界探偵編」からとなります。


■霊界探偵編

 無事に肉体に戻ることができた幽助ですが、自身の体に不思議な力が宿ったことに気が付きます。

普通の人には見えない生き物が見えるようになっていたのです。
それは妖怪と呼ばれるものであり、人に迷惑をかける存在でした。

そこで幽助はぼたんによって霊界探偵に任命され、人間界で悪さをしている妖怪たちを取り締まっていきます。

ここでは初の必殺技である「霊丸」や後に仲間となる蔵馬や飛影が登場しました。
初めは敵対していましたが、幽助のような人間に触れることで考えを改めるようになり、そしてそれ以降は仲間となって共に戦います。




■暗黒武術会編・仙水編

 そして暗黒武術会編に入ると人気が絶頂になります。

魔界への扉をこじ開けようとしていた左京と戸愚呂兄弟。
幽助たちはそれを止めるべく、戸愚呂たちを倒しに行きくのですがなんと全く歯が立ちません。

しかし戸愚呂たちも強者との戦いを求め、幽助たちに再戦の条件として暗黒武術会への参加を求めます。

なんとしてでもとぐろを止めなければならない祐輔たちは蔵馬、飛影、桑原、そして覆面戦士とチームを組み、暗黒武術会へ参加。

様々な悪役妖怪や後にライバルとなるような妖怪たちと闘い、1戦1戦成長していきながら、最後には戸愚呂を倒すことに成功します。

 戸愚呂を倒し、見事にその野望を食い止めた幽助ですが、新たな敵が出現します。

の男は仙水と言い、戸愚呂と同様に魔界への扉をこじ開けようとしていました。彼は今までとは違い人間の敵でしたが、弧閻魔から衝撃の事実を知らされます。なんと妖怪にするとS級クラスの実力を持っているというのです。あの戸愚呂ですらB級妖怪だったのに、いきなり敵のレベルが上がっていきます。当然最初は全く歯が立たず、苦戦を強いられていたのですが、この戦いの途中で大覚醒を果たします。魔族大覚醒といい幽助の中の妖怪の血が目覚めてしまいました。そして仙水をも圧倒する力を手に入れるのです。


■幽白の魅力

 ここまで幽白がヒットしたのには様々な理由があります。
戦いの中で強くなっていき、はじめはかなわなかった敵も苦心の末に倒すという、ジャンプのバトル漫画として王道ともいえるストーリー。さらに以前は敵として出てきたキャラが仲間になるというシステム。

霊丸や霊剣、邪王炎殺黒龍破など子ども心をくすぐる必殺技の数々。
ワクワクさせてくれるような設定がたくさんありました。

まるで人気絶頂時の「ドラゴンボール」を思い出させます。
巻数こそ多くない物のバトルの王道漫画としてヒットした理由はこれだけ数多くあるのです。




■おわりに

 いかがだったでしょうか。まだまだネットでは幽白の人気は衰え知らず。90年代前半の神アニメとして知られています。現在では完全版も発売しているので、まだ見たことがないという人はぜひ一度ご覧になられることをお勧めします。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】