待望のアニメ化!山田君と7人の魔女!



お気に入り


 2015年の4月から山田君と7人の魔女のアニメ放送が始まりました。

もともと2013年にもドラマ化された大人気の漫画。

このアニメ化心待ちにしていた人は多いでしょう。

そこで今回はこのアニメの見どころを紹介していきます。




■体が入れ替わってしまった!?

 このアニメは主人公であり学校一の不良である山田竜と、山田とは正反対・学年一の優等生である白石うららが、ひょんなことによって一緒に階段から転げ落ちてしまうことろから始まります。

気を失っていた2人が目を覚ました時、なんと2人の体が入れ替わっていたのです。

階段から転げ落ちて体が入れ替わったのなら、もう一度階段から転げ落ちれば元に戻れるのではと結論付けた2人。

ですが、何度転げ落ちても元通りにはなりません。

いったいどうなっているのでしょうか!?


■キスをすると入れ替わる!?原因は山田!?

 何度階段から落ちても元通りに戻りません。

ですがここで白石うららがあることを思い出します。

それは階段から落ちた際に2人がキスをしていたということです。
もしかしたらこっちが原因なのではないかと言い、恐る恐るキスをしてみます。

するとどうでしょう、みごとに2人の体が元通りになりました。
こうして無事に元通りの体にもどった2人ですが、どうしてキスをすると体が入れ替わるのでしょうか。
ここが山田君と7人の魔女最大の謎にして最大の見どころとなります。

 体が入れ替わってしまった山田と白石ですが、どうやらその原因は山田の方にある見たいです。

試しに生徒会の宮村と山田がキスをすると、なんと2人の体も入れ替わってまいました。
なぜ山田にこの能力が宿ってしまったのでしょう。

 また不思議なことに白石と入れ替わってからというものの、2人の学校生活は一変しました。
山田は入れ替わってもらったことによって追試地獄をどんどんクリアしていきます。

一方の白石も盗撮犯を捕まえたことで、たくさんの友達ができました。
偶然とはいえ、山田の能力のおかげで2人は楽しく学校生活を送ることができるようになったのです。




■山田の能力は入れ替わりじゃない!?

 しかし、山田とキスをしてもいれ変わらない人物が一人だけいました。

それは生徒会の小田切寧々です。
林間学習の最中に小田切から脅迫をされた山田。

いつものように体を入れ替えて乗り切ろうと小田切にキスを迫るのですが、なんとキスをしても体が入れ替わりません。

自分の能力がおかしくなったのかと思った山田は宿舎に戻って宮村とキスをしたのですが、これも入れ替わりませんでした。

山田の能力がなくなってしまったのです。

しかし次の日、異変が訪れます。
なんと宮村が山田にぞっこんになってしまいました。

今までも頭のおかしい行動が多かった宮村ですが、これほどまでに山田に尽くす宮村は初めてです。

おかしいと思った山田はもう一度宮村にキスをしてみました。
すると宮村は正気に戻ったのです。

これで確信します。
山田の能力がなくなったのではなく変化していたのです。


■山田のほかにも不思議な能力を持つ能力者がいる!?

 どうやら小田切にも不思議な力がある見たいです、その能力とは人を虜にする能力。

そして山田はその能力をコピーしてしまったのです。

ですがもう一度白石とキスをすると、白石は山田の虜にならず以前のように体が入れ替わってしまいました。
ここで白石はある1つの仮定を打ち出します。
それは山田の能力は「入れ替わり」ではなく「コピー」であること。

そして「入れ替わり」は白石自身の能力であること。

この仮定で考えると、小田切とキスをした山田は小田切の人を虜にする能力をコピーした状態になっていました。
しかし再び白石とキスをしたことでもう一度「入れ替わり」の能力を手に入れたのです。

 つまり山田だけでなく、白石そして小田切も不思議な力を持っていました。
そして山田はその不思議な力を持つ人とキスをすることでその能力をコピーできるのです。
さて、そうなるともしかしたらこの3人以外にも不思議な能力を持っている生徒がいるかもしれません。

なんといっても「山田君と7人の魔女」ですから。

また山田と白石が入れ替わった時に、お互いに利益をもたらしていましたが、他の能力者も同じように誰かを幸せにするような能力を持っているのでしょうか。

要注目です。




■おわりに

 いかがだったでしょうか。

ドラマで見たという人も是非アニメを見ることをお勧めします。

ドラマもとても完成度が高かったのですが、アニメではそのドラマでも表現しきれなかった山田のアクロバティックな動きや白石の微妙な表情など、ストーリー以外にも見どころがたくさんあります。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】