KDDIから日本初となるFirefox OS搭載スマートフォンが登場!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


KDDIが「Fx0」というスマートフォンを発売したことが話題となっています。この「Fx0」というスマートフォンは、従来のスマートフォンとどう違うのでしょうか。




■AndroidでもiPhoneでもないスマートフォン

日本で流通しているスマートフォンのほとんどは、グーグルが提供している「Android(アンドロイド)」を基本ソフトとして搭載しているスマートフォンか、アップルが販売している「iOS(アイオーエス)」を基本ソフトとしている「iPhone(アイフォン、アイフォーン)」ですが、「Fx0」の場合は、そのどちらでもない「Firefox OS(ファイアフォックス・オーエス)」を基本ソフトとして搭載しているのが一番の特徴です。

「Firefox OS」はパソコン用のブラウザ「Firefox」と同じくモジラ・コーポレーションから提供されており、「HTML5」と呼ばれる技術で作成されたアプリが動作するようになっています。

また、アプリに関しては他の基本ソフトとの互換性はないため、「Android」や「iPhone」上で動作するアプリを「Firefox OS」搭載スマートフォンで使うことはできません。

そのほか、「Firefox OS」はオープンソースとして開発されていることから、スマートフォンを製造しているメーカーから見ると、無償で利用できる上に、カスタマイズも自由になっているというメリットがあります。




■デザインも話題に

KDDIが発売している「Fx0」の場合、日本初の「Firefox OS」スマートフォンということの他にも、半透明のボディーというデザインも注目を集めました。

価格については、KDDIでは一括払いの場合は税込で49,680円、毎月の分割払いでは最大で合計20,520円となる割引制度があることから、その適用で2年間の利用で実質29,160円としています。




■おわりに

とはいえ、日本ではまだ話題先行といった感じで、普及するかどうかはまだわからないFirefox OS搭載スマートフォン。今のところはマニア向け端末と考えた方が良さそうです。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】