どこの国でも?入学試験は大変である!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


入試の季節がやってまいりましたが、皆さん本当に親に夜食とか作ってもらっているんでしょうか?

そんな日本のニュースとは全く関係のない感動のお話です。




■気合いを入れた海外の入試事情!

中央アジア、日本人に1番イメージしにくいエリア、強いて言えば「何となく国が安定していないイスラム国家」みたいな感じでしょうか。

実際にアフガニスタンの教育事情はなかなかに厳しいものがあるようですが、ちゃんと大学入試はあるんですね。

素晴らしい!と言いたいのですが・・受験は何と雪と雨の屋外入試、パッと見「南極で並んでいるペンギンの画像」かと思ってしまいました。

大学に行こうという激しい情熱がにじみ出ております。




■エアコンがあるのですね!

ちょっと気になるのは「大学入試」があるということは、どこかに大学があるはずですが、大学の環境はどうなっているのか。もしかすると、このテストを採点する人も屋外だったりして、湿度の高い解答用紙を採点する大学の方も素晴らしいですね。

しかし、この状況に耐える猛者の皆さん、国際競争力では日本人以上になるのは間違いなさそうな気もしませんか?少なくとも、日本の大学受験が可能な人たちに見えますが。

試験会場にエアコンが効いているとかいう日本の受験生の皆さん、ライバルはこんなところにいるんですよ。




■おわりに

筆者は、太古の昔に大学入試を受けたため、暖房がエアコンではなくスチーム、真横から蒸気があたってしまい、蒸し焼き豚まんになりました。

こういう所で世の中の理不尽を学ぶ方が、社会に出てから楽ですよ。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】