SNSでも体を張っちゃう?アマチュアプロ根性に乾杯!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


SNSの写真、幸せ自慢から、すごすぎる風景、バカ写真と最近はいろいろな方向にグレードが上がっております。

しかし撮影者の苦労はかなり大変なようですね。




■撮ってやるんだ!

最近のSNSはインスタグラムなど画像系も登場、綺麗、ハッピー、面白と、各ジャンルでかなりハイレベルな画像がどんどん出てきております。

むしろ適当に撮った人の、手ブレが初々しいくらいになっていたりして、SNS疲れという言葉が出てくるのも解りますねえ。

しかし、逆にその道を極めようと頑張っている人たちも、世界に大勢います。

今回は、写真加工技術に頼らず、体を張って素晴らしい写真を撮る人たちのお話です。








■アマチュアプロ根性!

この動画の製作元がそもそもCanonなので、「頑張って撮っている人を撮影すると余計に可笑しいので撮ろう!」という広報戦略なのかもしれません。

世界に広がる撮影の輪、皆さん頑張っていいね!をもらえる写真を目指しましょう!なのかもしれませんが、この手の努力、ちょっと間違うと「土下座事件」とか「冷蔵庫事件」になっちゃうんですよねえ。

こういう撮影者になるには、かなりのセンスが必要なのだということを学びましょう。

個人的には、動画オープニングの白鳥の人に「面白賞」をあげたいと思います。






■おわりに

何かの集まりの時に、こういう人が1人いると、大変重宝です。

そういうときの撮影者ってセンスを備えつつ「縁の下の裏方感」が強いものが多く、ちょっと惚れちゃったりしそうですね。

撮影者になって「モテ」を目指すのもいいかもしれませんが、もちろん筆者はモテの保障はしません。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】