アレも一種の野菜なのか?!何にでもアレをかけちゃう女性がいる件



お気に入り


ある食べ物が異様に好きな人々がいる。

「どうして?」と他人から聞かれても、「ただ好きだから」としか答えようのない程大好きな食べ物をお腹一杯食べる時、彼らはとても幸せなのだろう。

イギリスのある女性は、おなじみの赤いソースの虜になって25年も経つという。




■赤いドロッとしたソースがたまらない!

マヨネーズが大好きな人、ご飯にも肉じゃがにもポテトチップにもマヨネーズをふんだんにかけて食べる人の事を世では「マヨラー」と呼ぶ。

イギリス・ロンドンに住むサマンサ・アーチャーさん(30)は、そんな愛好者の多いマヨネーズの恋人(?)格でもあるトマトケチャップが大好きな女性だ。

彼女のケチャップ好きは5歳の時から始まり、週に2本のケチャップを消費する程の「ケッチャッパー」ぶりだったそうだ。

それは大人になった今でも変わる事なく、1年間に36リットル(!)ものトマトケッチャップを消費しているという。




■おやつとしても最高!

サマンサさんの家族や友人は、そんな「ケッチャッパー」の彼女にはもう慣れっこになってしまった様だ。

卵、パン、チーズ、カレー、パスタなどなど1日3食の食事にプラスされる赤いトマトケッチャップ、彼女曰く「あれが味をもっと良くするの」だそうだ。

しかもスナックとして、スプーンにトマトケチャップだけをすくって食べる事もあると言うのだから、彼女の中毒ぶりは相当なものだ。

そんなトマトケッチャップ中毒の彼女だが、スープにだけはケッチャップを入れないらしい。

「そんなにスープ飲まないから、関係ないけどね。」と語る彼女は、そのうちにケッチャップ製造会社から表彰状を送られるかも知れない。




■おわりに

おやつとしてケッチャップをそのまま食べてしまうとは、筋金入りの「ケチャッパー」ですね~!

それにしても、体にいい野菜・トマトから出来ているからケチャップって体にいいんでしょうか?
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】