運を使い果たした気がしてしまう?!宝くじに当選するより難しい事とは?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


四つ葉のクローバーを見つけた事がある方はどのくらいおられるだろうか?

または、宝くじに当選した事がある方はどうだろうか?

当たろうと思ってもなかなか難しいものだが、それらよりも更に難しい事を当ててしまった女性がいる。




■朝食の準備中に起こった奇跡

日曜日の朝、朝食に目玉焼きを焼こうと思ったリバプールに住むある女性は、フライパンに卵を割って驚いた。

なんとその卵は、一つの卵に二つの黄身を持つ双子の卵だったのだ。

しかし珍しい事はそれだけに止まらず、続いて割った卵も双子卵その次のも双子卵と実に4回連続して双子卵が次々とフライパンに割られたのだった。

一つのフライパンに並んだ8つの黄身、ちょっとびっくりしたと言うこの女性は、その光景をSNSで友人たちに知らせる事にした。

驚いたのはこの光景を見た女性の友人たちだった。




■10億分の1の確率

リバプールのテスコというスーパーで買った普通の卵から双子卵が4回連続して見つかる事は、非常に珍しい事なのだ。

その確率は宝くじにあたるよりも難しいほどで、10億分の1の確率となる。

その幸運(?)な女性は、「双子卵を4つ見つけるよりも、宝くじに当たった方が嬉しいわ。」と正直に述べていると言う。

なおこの双子卵は、ホルモンがまだ未発達の若いメンドリから生まれる事が多く、1000個に1個の割合で双子の卵は産み落とされるそうだ。




■おわりに

ミネラル、ビタミンBが豊富に含まれている卵ですが、この双子卵であれば1個で倍の栄養が得られますね!

それにしても、1パックに4個も双子の卵が入っていたなんて珍しい事もあるんですね~。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】