まさかの悲劇!母親が長女のオムツを代えている最中に・・・



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


幼い子供が家に居ると、気をつけなければいけない事は沢山あるでしょう。

例えばテーブルの角、電気コード、髭剃り、安全ピンやはさみなど、身の回りには危険が溢れています。

親の注意が必要になるのは当然ですが、それを怠るととんでもない悲劇に見舞われる事になってしまうのです。




■関係者全員がショックを受ける事態に

アメリカ合衆国、オクラホマ州に住むクリスタ・エンジェルさんは、その日いつもの様に子供たちの世話をしていました。

トラック運転手である彼女の夫は既に仕事に出かけており、家には2人の幼い子供と彼女だけがいたのですが、まだ乳幼児である長女のオムツを代えている最中にその悲劇は起こりました。

その時3歳になる長男が、クリスタさんと長女のいる部屋に入ってきて、なんと後ろからクリスタさんの頭部を銃で撃ったのです。




■問題だらけのアメリカの銃社会

すぐに病院に運ばれたクリスタさん、しかし残念ながら彼女は帰らぬ人となってしまったのですが、まさか自分の3歳の息子に背後から襲われるとは思ってもみなかったでしょう。

警察の話によると、クリスタさん家族の家には至る所に武器が置かれていたそうです。

3歳の長男も、そのうちの一つをソファの下で見つけて遊んでいるうちに誤って母親を撃ってしまったらしい。

本当にいたたまれなくなる話だが、アメリカで前々から問題になっている拳銃をはじめとした民間人による武器所有、この事件を機会に改めて考えなければならない時がきたようです。




■おわりに

親の不注意から引き起こされたと言っても良いこの悲劇的事件、武器が必要でない社会がくるのを願うばかりです。

その子が事情を理解できる様になった時、しっかり周りがケアしてあげる体制が整えば良いですが・・・
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】