え・・・医療現場に犬!?最新の癌早期発見方法!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


犬の嗅覚は人間のものよりもはるかに優れている事は既存の事実ですが、その能力がどれほど素晴らしいものであるか考えられた事はあるでしょうか?

実は最近、イギリスのあるラブラドール犬が、その「犬」並みはずれた能力の功績を称えられてメダルまで授与されたのです。




■医療の現場でも役立つその嗅覚

イギリスにいるデイジーと名づけられた10歳になるこのラブラドール犬は、飼い主である女性医師からも一目置かれる存在です。

子犬の頃から訓練されたその嗅覚は、多くの人を救ってきました。

早期発見が一番大切である病気・癌は、残念ながらその初期の状態ではほとんど感知されない事が多いのが現状です。

しかしながら、このデイジーはその癌を臭いで発見する事ができるという大変特殊な能力を持っているのです。

かくいうデイジーの飼い主である医師の女性も、デイジーによって乳癌を早期に発見できたというのだから、このラブラドール犬の能力の高さには驚かされます。




■93%もの高い確率で発見

その高い能力を活かして、実はこれまでに500人以上もの患者の癌を発見してきたといいます。また、93%の確率で発見したものが癌である事が証明されています。

実に驚くべき嗅覚の持ち主であるデイジーが、医療の現場で貢献した事に意義を唱える人はいないでしょう。

犬の中でも特別に鋭い嗅覚を持っているデイジー、これからも人々の癌の早期発見に貢献していくに違いない。




■おわりに

癌が発する特別な臭いがあるんでしょうか?一体全体どんな臭いがするものなのか、嗅げるものなら嗅いでみたいですね。

それにしても、犬の中でも特別な能力を備えもっているデイジー、長生きして欲しいですね。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】