上海の11歳の少年の脳内にある物が発見される!その恐ろしい物とは一体?



お気に入り


アジア各国では、家で料理して食事をするよりも道端の屋台で買って食べる方が安くて様々な物が食べられるので、屋台での食事が一般的な様です。

旅行に行った際も、気軽に食事のできる屋台があるのはありがたいものですが、その屋台文化について少し考えさせられるニュースがこちらです。




■医師も驚いたその正体とは?

中国東部に位置する大都市・上海は活気みなぎる都市として有名ですが、ある日そこに住む11歳になる少年が頭痛と吐き気に悩まされました。

ひどい頭痛を訴える息子を連れて病院を訪れた両親は、医師から一度頭部を調べてみる事を提案され、X線CTでの検査をする事になったそうです。

X線検査を施した医師は、その映し出された少年の脳内にうごめく物体を確認したのです。

どうやらその少年の脳内で生きているその物体がひどい頭痛と吐き気の原因に違いないと、緊急摘出手術が行われた。

手術後、医師がその少年の脳内から取り出した「寄生虫」は、取り出された後も生きていたそうです。




■人間にも寄生?

一般的にその少年から摘出された寄生虫は、犬や猫によく寄生するものとして知られており、それら寄生虫は、宿主の目や脳を特に好み失明や死をもたらす事も少なくないのだとか。

カエルや蛇、その他の爬虫類などの体内にいるこの寄生虫。それらの生物を生で捕食する犬や猫が寄生されるのは仕方のない事ですが、何故この少年の脳内に寄生する事となったのでしょうか。

彼の父親はその原因として、息子が屋台で特に「エクストリーム」な食材の料理を食べるのを好んでいたからではないか、と述べています。

上海の屋台には、蛇の丸焼きやカエルの揚げ物などのエクストリームな料理も存在するので、しっかり火の通っていない料理は食べない方がよいと言えるでしょう。




■おわりに

頭痛がすると、もしや!と思ってしまうニュースです。

ちゃんと火の通っていない物は食べてはいけないと言う、良い教訓になったのではないでしょうか。

それにしても、蛇の丸焼き・・・美味しいのかな?
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】