恋する女の子を描く「恋愛ラボ」が、恋愛実践すると「男子キャラなんていらない!」というファンも?



お気に入り


つい先日まで放送していた美少女アニメ「恋愛ラボ」。恋に恋する女子たちに萌えるアニメのはずが、「恋愛禁止!」と言いだすファンも?

なぜ女の子が「恋愛する」と萌えないの?




■恋愛未経験女子の、恋愛スポ根!

恋愛ラボ(と書いてラブラボと読む)は、「校則で恋愛禁止」な女子高の生徒会メンバー5人が、まだ見ぬ彼氏と恋愛する日を夢見て「恋愛研究」にいそしむ美少女アニメ。個性的な女子たちが日々「妄想恋愛」を練習するドタバタコメディです。

恋愛ラボの魅力は、かわいい女の子同士がじゃれあいながら「恋に恋するかわいい姿」を見せてくれるところ。

実際に彼氏がいるわけではない彼女たち…友達の女の子を男子に見立てて恋愛練習しちゃうので、男性アニメファンにとっては「百合(女の子同士の恋)要素も楽しめる!」と、別の意味でも人気というワケ。



■「男子キャラ」が出てきてからは賛否両論

アニメや原作漫画では、ストーリーが進むにつれて「男子キャラ」が多数登場し、恋愛ラボメンバーが少しずつ「本当の恋愛の練習」をはじめちゃいます。

そこで反応がわかれたのが、恋愛ラボファンたち。

「いよいよ恋愛実践編!彼女たちが頬を赤らめたり、ドギマギする回数が増えて益々可愛い」という反応もありますが「女の子同士で疑似恋愛練習をしているほうがかわいい。男キャラなんていらない!反対!」な人が増えました。

いくら女の子が可愛くっても「男の影」がする女の子には萌えない…アニメの女子に対しても現実のように「独占欲」を頂いてしまうのが、複雑な男心なのでしょうか。



■おわりに

いろんな感想が飛び交う「恋愛ラボ」。

あなたの好みは「妄想恋愛中女子」?それとも「現実恋愛中女子」?


お気に入り


あわせて読みたい