知っても得しない?千と千尋の神隠しの7つの豆知識!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


ジブリ作品は、見るたびに違う発見・感動・謎が生まれて見るものを飽きさせない、素晴らしい魅力が詰まっています。

今回は、千と千尋の神隠しで「知っても得しない豆知識」をご紹介します!




■神々の世界には四季がない

背景に咲いている花に注目してみましょう。

アジサイ、つつじ、椿、梅など、同時に咲く事は絶対にあり得ない花が多数出てきます。


■ハクの声はもう聞けない

ハクの声優である入野自由さんは声変わりの最中に収録をしていました。

その為、あの声を出す事はもうできないそうです。


■夢があります

作中に出てくる看板で文字が書いてあるのは2つだけです。湯屋の看板の「ゆ」と飲食店の看板「目があります」です。

そして2つを繋げると、「ゆ目があります」→「夢があります」になります。

宮崎監督の遊び心でしょうか?


■「贅沢な名前だね」の理由

これは、湯婆婆が千尋の名前をみて言ったセリフです。なぜなら、「尋」が神に祈りを捧げる人の形をしていたからです。

「千」以外の名前を奪ったのも、神との繋がりを絶ち元の世界に戻れなくする考えがあったようです。




■名前を間違えて書いた理由

湯婆婆に名前を教えてはいけないと、ハクから忠告されたから。

あるいは、不思議の町で過ごしていると記憶を無くしていく為、その初期症状が現れたからではないかと予想されます。


■宮崎監督の思うカオナシ像

「好きな女の子が自分の思い通りにならないとすぐストーカーになり暴力にはしる。砂金を振りまいて人を操ろうとし傲慢な態度を取るが、本人には中身というものがない。他人の声でしかものをしゃべれない。」

・・・と、インタビューに応えています。


■湯婆婆と銭婆婆の見分け方

湯婆は胸にイボが二つ、銭婆は胸に4つイボがあるそうです。

しかし劇中で胸を見せるシーンは無いので、結局確かめる方法がありません。





■おわりに

物語を見るうえであまり必要がない、知っても得しない豆知識でしたが、みなさんはいくつ知っていましたか?

最後にもう一ネタ。

「千と千尋の神隠し」の海外版ポスターは、なぜかリアルタッチでした。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】