時空を超えろ!ドラえもんの時空を超えるひみつ道具を考察してみた!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


「未来の世界で宝くじの番号を見たい」「過去の世界で恐竜を見たい」などと考えたことのある人は多いのではないでしょうか。

ドラえもんのひみつ道具の中には、時間を越えることのできる道具がいくつかあります。




■タイムマシン

その代表格といえば、タイムマシンですね。

ドラえもんの持っているタイムマシンはまるで空飛ぶじゅうたんのような形をしており、前方に操縦室があります。基本的にむき出しとなっているため、乗る際には落ちないように注意が必要です。

タイムマシンには、時間を移動できる機能と空間を移動できる機能があります。

映画「のび太の恐竜」の際には、空間移動機能が壊れてしまったため、元の世界へ返るためにはその時代ののび太の机の上までタイムマシンを持ってこなければならなくなりました。

またタイムマシンにはブレーキがあり、それを掛け忘れるとどこかの時代へ流されてしまうので注意が必要です。

ちなみにドラミちゃんの持っているタイムマシンは、落ちないようにしっかりと覆われています。




■そのほかの道具

タイムマシンがあまりにも有名ですが、ドラえもんのひみつ道具には他にも時空を越えることができるものがあります。


<タイムベルト>
これは、腰のそのベルトを巻いて行きたい時代を設定すると、その時代に行くことが出来ると言うもの。

ちなみに、時間を移動するだけで空間移動はできないので、その時代の緯度・経度から動いてタイムトラベルをすることはできません。


<タイムテレビ>
これは、過去や未来の映像を見ることができるというテレビです。

その時代に直接行くことはできませんが、タイムマシンのように誰かに乗り逃げされる心配はありませんし、過去を変えてしまい法律に引っかかる心配もありません。




■おわりに

ドラえもんはもともと22世紀から来た猫型ロボットですので、過去や未来を行き来できると言うのは当然ありうることです。

いつしか、タイムマシンは実現するのでしょうか。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】