耳の中に入れ込む完全ハンズフリー音楽プレーヤーが登場!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


普段音楽をどのようにして聞いているだろうか。

あるものはiPhoneやiPodなどに入れイヤフォンで聴き、あるものは一流のオーディオ機器をそろえ素晴らしいヘッドフォンで高音質な音楽を楽しむだろう。

しかしこちらの音楽プレーヤーは今までの概念を一気に吹き飛ばすとんでもない音楽プレーヤーである。

なんと耳の中に入れそのままイヤフォンのように聴くことができるというのだ。

m-player1


m-player2





―再生や音量調節はどうするのか

さてこちらの音楽プレーヤー「Split」ですが普段目にする「音量調節」「再生ボタン」などのインターフェースがありません。

なるほど「bluetooth」などで遠隔操作をするのか・・・とお考えの方は残念賞。実はそれすらもないのだ。

ということはつまり、音楽垂れ流し状態か?と思うのかもしれないがそれも違う。

実は「Split」では再生・ボリューム調整などは口で噛むという動作で行う。

「Split」自体に圧力を加えるという動作で一連の動きを制御するという全く新しい操作方法。

1回噛めばトラック変更、Wで噛めば音量調節といった具合。

つまり名実ともに完全にハンズフリーであるのだ。

それじゃご飯をモグモグしたらどんどんスキップしちゃうだろ!と思う方、そうならないように操作防止機能があるのでご安心を。




―音楽は何処に入れるの?

「Split」内部に最大256メガバイトのデータを入れることができるストレージが内蔵されている。

少ないと感じるのかもしれないが、1曲5メガだとしても50曲ぐらいは入る。

十分な量だ。


―プレーヤーへの転送はどうするの?

ここはアナログな手法、USBで接続。

むしろ食べて転送するという恐ろしい手法でなくて安心した。


―懸念材料

懸念材料はやはりモノが小さいということはメリットでもありデメリットでもある。

紐がついたイヤフォンであればどこかに置き忘れても存在に気づきやすい。

しかしこちらの「Split」はあまりに小さい。

ベッドの下に転がったりしたら、大掃除でもしない限り見つけられないだろう。

モノをなくしやすい方には「Split」に紐でもつけてぶら下げるのが良いだろう。




―発売は?

資金調達サイトkickstarterでカンパを募集中。

目標の4200万円に到達すれば発売されるだろう。

(秒刊SUNDAY:http://www.yukawanet.com/archives/4549478.html)



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】