そこまでする!?iPhone6発売行列に現れたものとは一体??



お気に入り


さて、ついにiPhone6が発売されました。

このニュース、だんだん商品そのものより行列にニュースのフォーカスが当たっているようです。

昨年1番乗りの人など、もはや定番有名人ですね。




■そこまでやるか

さて、そのiPhone発売日は9月19日でした。

発売日の10日前から行列ができていたことがニュースになったことからも分かりますが、もはや本体より入手方法の方が大事なようです。

しかしここである疑問が・・・。行列の人って、必然的に路上生活者になるわけですが、10日間をどうやってしのいでいるのでしょうか?

実態は、交代したりおすそ分けをもらったりしているようですが、なんとAppleStore銀座店にアマゾンのネット通販を頼んだ男性がいるのです。

配達先は「中央区銀座 AppleStore前 行列先頭」。一応ストアの番地は書かれていたようです。




■偉大な宅配

そして無事についたのです・・・行列先頭に。

では何を注文したのか?・・・それは「眼鏡クリーナー」。普通に買えよ!という、ツッコミが聞こえてきそうですね。

決済は代引きなんでしょうか?

考えようによっては「不在確率」は低そうなので、配達する人はいいかもしれませんね。・・・と、思いっきり好意的に解釈してみました。

今後もこのような展開が増えていくかもしれませんね。顧客開拓チャンスとも考えられなくもないです。

各種配達の人の腕の見せ所ですね。




■おわりに

それにしても、日本って親切な国ですね!

ちょっと心配なのは、「医者の呼びつけ」をする人の登場です。これはシャレにはなりませんね。

行列にもセンスが問われる時代になってきました。

そのうち、水や電気を引く人が出てきたりして・・・。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】