ディズニー最新作『ベイマックス』!その真の姿とは?



お気に入り


もはや国民的といってもいいほどの大ヒットとなった「アナと雪の女王」の次にディズニーが贈る「ベイマックス」。

タイトルにもなっている白いマシュマロみたいな『ベイマックス』は何者なのでしょうか?

実は、意外な“真の姿”が・・・?




■やわらかくてフワフワしてるようで、実は・・・

風船のように見える白いベイマックスが、予告編などで赤いプロテクターを装着するシーンが出てきますね。しかし苦労して装着するけれど、ボヨーンと弾けちゃう。

赤いプロテクターを装着すると、ちょっと「アイアンマン」みたいです。そのアイアンマンみたいな姿(おそらく戦闘形態)が、真の姿でしょうか?

いえ違いますね、むしろ赤いプロテクターは“仮の姿”です。

ベイマックスは、両親と兄を失くし悲しみに沈む主人公ヒロの心とカラダを守るため開発されたケア・ロボットです。

やさしい心をもったロボット、それがベイマックスの真の姿といえるでしょう。




■オリジナルは・・・?

あまりメディアでは触れられていないようですが、映画「ベイマックス」には原作となるコミックが存在します。

アイアンマン原作コミックを出版するマーブルの「Big Hero 6」という、6人の日本人ヒーローが活躍するコミックです。

そのコミックの中でのベイマックスの姿は・・・なんと緑色のモンスターのような姿なのです。

頭に2本の角があり、背中にも大きな角のようなものが生えた、恐ろしげなゴツい姿。かわいくない・・・映画とは、あまりにも違い過ぎる。

しかし、主人公ヒロのために造り出されたという設定は同じです。もっとも、ロボットというより合成生命体のような存在のようですが。

ちなみに原作でも、恐ろしげな姿を隠すためなのか、プロテクターを着用していることがありますね。




■おわりに

映画では緑のモンスター姿は出てこないとは思うのですが、ちょっとしたトリビアとして取り上げてみました。

緑のモンスターよりも、かわいい白いフワフワな姿のほうが、そりゃあ映画もヒットしますよね。
 

お気に入り


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】