女性人気独占中!「Free!」も実は「聖地アニメ」だった?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


「涼宮ハルヒの憂鬱」などを手掛け、アニメファンの間では絶大な人気をほこる制作会社「京都アニメーション」。

同社が現在制作している「Free!」は、男子高校生が競泳を通して友情や絆を深めていく過程を描き、女性に絶大な支持を得ています。

実はこの「Free!」、今流行りの『聖地アニメ』でもあるって、ご存知ですか?



■聖地アニメって何?

広い宇宙空間、架空のファンタジー世界、はるか昔の海外…アニメの舞台はさまざまですが、日本のどこかが舞台になっているものも多く存在します。

そこで、アニメの背景として実際に存在する場所や建物をそっくりそのまま本編に登場させる作品などが増えてきました。

熱心なアニメファンはアニメの背景とそっくりな場所を「特定」して実際に訪れたり、写真を撮ってブログにまとめたり。

最近では、こうしたファンの動きを利用して観光客を呼び込もうと、「このアニメの聖地はうちです!観光に来てください!」と露骨なPRをする地方自治体も登場しています。

(露骨なPRがアニメファンに受け入れられるかは、さておき…)



■「Free!」の聖地は鳥取県岩美町

協力クレジットに「とっとりフィルムコミッション」とある通り、「Free!」の舞台は鳥取県岩美町です。

自治体公式のHPなどを見ても、何の変哲もない、のどかな田舎の風景…としか感じませんが…

なんと、アニメの第1話放映の24時間後には、アニメの背景で利用された場所がファンの手によって「特定」されるというハイ☆スピードっぷり。

ネット上では地元民以外にも多数のファンが訪れ、7月末にはコミッションスタッフとファンが揃って「聖地巡礼」したそうです。

ファンの女性たちは

「鳥取県が舞台なら、Free!の登場人物がかっこよく話している決め台詞も、本当は鳥取弁なのかも。かわいい!」

「劇中でキャラクターがひと駅分の距離をランニングしているけど、岩美町の実際の路線でひと駅分走ったら凄い距離だよね(笑)」

など、鳥取県を舞台にしていることにしっかり「萌え」を見出してる様子。「聖地」の楽しみ方って、現地を訪れるだけじゃないんですね。



このように、かっこいい男の子たちを愛でるだけでなく「聖地アニメ」でもあった「Free!」本編はクライマックスに向けて後半戦です。

次に視聴する時は、背景もチェックしてみてはいかがでしょうか。

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】