スペル間違いではないエースの腕のタトゥーに込められた想いとは?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


大人から子供まで幅広い年齢層に愛されているアニメ「ワンピース」の人気は、日本に留まることなく世界でも放送されています。

そんなワンピースには様々な都市伝説が存在しますが、そんな都市伝説の中でもルフィの兄貴分、エースの腕に込められた想いに関する都市伝説をご紹介します。




■エースの腕には「ASCE」のタトゥー

ルフィの兄貴分でもあるエースの腕にはタトゥーが彫られています。掘られている文字は「ASCE」であり、Sの文字に×の印が付いています。

最初に登場した時は「ACE」という自分の名前を間違えて「AS」と彫ってしまい、間違えに気付いたエースが「S」の字を×で消したという説が一般的でした。

ところがコミックの61巻596話の扉絵で成長した、エース、サボ、ルフィの姿が書かれており、その時のエースの腕には「ASCE」ではなく「ACE」と彫られていました。

そのことから、エースの腕の×は単純に間違いを修正したのではなく、何かしらの想いが込められているのではないか・・・と考えられるようになりました。

現在もアニメではこのタトゥーには触れるようなエピソードはありませんが、意味ありげな×の字にまつわる都市伝説が存在します。




■兄弟分であったサボへの想い

この都市伝説では、そもそもエースが最初に彫った文字は「AS」ではなく

・エース(ACE)
・サボ(SABO)
・ルフィー(LUFFY)

の頭文字をとった「AS・L」だったと考えられています。

育て親であった山賊・ダダンへ3人が書いた手紙にも「どくりつするASL」と書いてあり、彼らの名前を現す文字として「ASL」を使っていたことが分かります。

ところがサボが事故で死んでしまったため、「S」の文字に×を入れ、「・」を「C]にし、Lの文字に2本棒を足して「E」にして現在の「ASCE」になったのではないか・・・という都市伝説です。




■おわりに

意外なタイミングで作品の伏線を回収することが多いワンピースでは、何時の日か、エースの腕に込められたタトゥーの意味が分かる日がくるのかもしれません。

ファンの中にも、タトゥーにまつわるエピソードを期待されている方は少なくないのではないでしょうか。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】