感動!被災地に向けたメッセージ!アニメ「HUNTER×HUNTER」144話に隠された秘密!



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


HUNTER×HUNTERの作品には様々な伏線が巡らされており、大人が見ても「あぁ~なるほどね!」と驚かされることが多々あります。

そんな複雑なストーリー展開についての考察ではなく、今回は作者が登場人物の台詞に込めた想いをご紹介します。




■ハンター会長総選挙編で・・・

アニメ144話「ケッサイ×ト×カッサイ」では、ハンター協会の総選挙について描かれています。

この144話では、選挙の結果、上位4位の候補者たちが最終演説を行うシーンが存在します。ここでは、ジンを殴りつけたことから2位になってしまったレオリオも演説することになります。

このゴンの友人であるレオリオの演説が、実は作者である冨樫義弘氏から2011年に発生した東日本大震災の被災者や周囲の人間に向けたメッセージだといわれています。




■メッセージの込められた台詞

そんなレオリオのセリフを一部、ご紹介します。

「オレが会長になったら 協会を・・・私物化するからな!!
最初にお前等全員に出す命令は ゴンを助けるため すぐに動け!!!だ!!

あいつは・・・ゴンは今 死にかけてる・・・。
仲間なのに・・・友達なのに・・・それを・・・知ったのはつい最近だ・・・・・・!!!

オレはゴンに声を掛ける事しか出来なかった・・・声を掛け続ける事しか出来ねェ・・・!!
だから・・・会長になったら お前等にも声を掛け続ける!!

頼む!!ゴンを助けてくれ!!とにかく考えろ!!思いついたら動け!!
俺に出来る事があるなら言え!!何でもやる!!!」


改めてレオリオの台詞を聞いてみると、被災した人達や復興に向けて頑張っている人達への慰労が含まれているように感じられます。

既に3年が経過していますが、現在でも復興に向けて戦っている人の姿を思い出させてくれた回ではないでしょうか。




■おわりに

ちなみに、この時点でパリストン以外の票数を合せた数が311票であり、震災の起った日付とリンクしていることが分かります。

おそらくちゃんと計算して物語に反映されているのでしょう。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】