徹底調査!スラムダンクの各キャラクターのモデルになったNBAスターとは?



お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


バスケをしている人ならば一度は読んだことのあるだろう漫画、「スラムダンク」。

魅力的なプレイヤーの数々も、漫画のストーリーとあいまって話題となりました。

実は、スラムダンクに登場しているプレイヤーは、実在のNBAプレイヤーと結構かぶるところがあるんです。




■桜木

桜木は、どう考えてもデニス・ロッドマンでしょう。

最近では北朝鮮とのつながりが話題となっているロッドマンですが、現役の頃はブルズの3連覇に大きく貢献しました。

ロッドマンも桜木以上に奇抜な見た目をしていますし、問題児っぷりも似ていますね。

また、リバウンドが得意というプレイスタイルもそっくりです。


■流川

流川に関しては、マイケル・ジョーダンとスコッティ・ピッペンを足したと言われています。どちらもロッドマンとともにブルズの3連覇のメンバーです。

ポジションとしてはピッペンなのですが、そのプレイスタイルや手にはめているリストバンドなどは、ジョーダンそのものです。

シュートフォームもどことなく似ていますね。




■牧と神

<牧>

牧に関しては、マジック・ジョンソンです。

レイカーズという名門に在籍しており、そのユニフォームはまさに海南のそれです。そこのポイントガードだったマジックは、海南のポイントガードである牧でしょう。

ポイントガードなのに屈強で得点能力が高いのも、マジックそっくりです。


<神>

海南が誇る3ポイントシューター、神のモデルはやはりレジー・ミラーです。

ミラーも3ポイントシューターとして名を馳せ、おまけに痩せている体型も神とミラーは共通しています。


■森重

インターハイ編で登場してきて、その実力が未知数な森重。

彼のモデルはシャキール・オニール、通称シャックですね。

「シャックアタック」と呼ばれる豪快なダンクは、まさに森重が放ったあのダンクです。




■おわりに

いかがでしたでしょうか。

スラムダンクには、他にも仙道や藤真など魅力的なキャラクターがいます。

先に述べたキャラは比較的統一見解ですが、仙道などしっくり来るプレイヤーがなかなかいなかったりしますね。
 

お気に入り
Ameba
Mixi
Facebook


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】